• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ロースクール
テーマ演習・研究特論

テーマ演習

テーマ演習とは、学部におけるゼミ(演習)をより高度化したもので、通常の授業に比べ専門性をさらに高めた内容となっています。
法科大学院生は、多様なテーマ演習の中から、各自のキャリア・プラン、履修プランに相応しいテーマを選択することができます。「テーマ演習」は、「テーマ演習Ⅰ」(1単位)と「テーマ演習Ⅱ」(2単位)に分類され、少人数方式で行われます。

テーマ演習Ⅰ(開設例) テーマ演習Ⅱ(開設例)
英米法の基礎とLegal Research
自治体行政と法
行政事件実務応用演習
特許侵害訴訟
犯罪被害者の諸問題をめぐる比較法的研究
法律の合憲性統制の新手法
許認可行政の諸問題
法解釈方法論を学ぶ
多数の当事者が関与する紛争の解決
児童虐待と子どもの人権
会社と各種私法人に関する法比較
民事手続法の現在問題
情報公開・個人情報保護と法
比較民事手続法
相続法の改正を考える
エンタテイメント契約の実情
カナダ・日本の憲法比較
事例研究・事業再生
刑事裁判の課題に関する多角的研究
経済事犯と刑事法理論の今日的課題
労働契約法をめぐる諸問題
国際法重要判例研究
現代型犯罪に関する捜査・公判上の諸問題
スポーツ法の現代的課題
民事事実認定の事例と理論
刑事控訴審からみた第1審の裁判
倒産処理法の重要判例の分析
債権の保全と回収
刑事における事実認定の応用的問題
民事実務上の諸問題の研究
倒産法の基礎と応用
消費者法・高齢者法の現代的課題
日独比較刑法学
民事訴訟の構造理解と実践
取引法の発展的研究
債権法の研究-ドイツ債権法・わが国の改正債権法との比較
税制基礎理論
雇用差別と法
裁判員裁判の運用とその課題
独禁法の事例研究
環境法総合演習 - 現代的課題を中心に
現代ロシア民法と日本民法
環境刑法
環境法政策形成の法的論点
ドイツ刑訴法判例の研究
環境法と政策の基礎
刑法と医事法をめぐる現代的諸問題
知的財産法の新論点
実践国際私法

研究特論(リサーチ・ペーパー)

テーマ演習での学修を踏まえ、より高度な研究を希望する法科大学院生のために、「研究特論(リサーチ・ペーパー)」が設置されています(4単位)。
「研究特論」は、研究課題の選択から始まり、参考文献の収集および利用方法の研究、論文構成の指導を経て、リサーチ・ペーパー(2万字以上)(注)の作成というスケジュールで行われます。
また、法科大学院修了後、博士後期課程に進学することにより、将来、実務家教員として、あるいは研究者教員としての道を開くこともできます。
(注)2万字とは本文のみとし、注釈、資料および参考文献等は含みません。