• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ロースクール
税務実務セミナー

〈新日本法規財団寄付講座〉CLS法曹リカレント・無料セミナーのご案内
2017年度 税務実務セミナー 開催について

中央大学法科大学院では、新日本法規財団のご協力を得て、法曹のみなさまの職域を拡大するための法曹リカレント教育を実施しています。
2017年度冬期は、税務関係の法律知識を習得することに関心がある、または税務関係の仕事に日頃携わっている若手弁護士の方を主たる対象とし、税務実務セミナーを開催します。
奮ってご参加ください!

【開催スケジュール等】

2018年1月20日(土)、1月27日(土)、2月3日(土)、2月10日(土) 《4週連続開講》
第1~3日目:13時~17時50分(90分×3時限開講)
最終日(2月10日(土)) :13時~16時50分

*講座の性質上、連続受講を原則とさせていただきます。

*本セミナーは、地方における職域拡大に貢献するため、地方大学等への遠隔授業を実施します。
ただし、最終日の2月10日(土)は遠隔授業を実施しません。

【受講資格・定員】

法曹資格を有する者、または、過去に法曹資格を有した者
上限40名程度  *申込者多数の場合には、「先着順」とさせていただきます。

【受講料・資料・教材】

受講料無料。資料は、受講者に対して事前にデータで配布いたします(こちらも無料です)。
なお、最終日の2月10日(土)のセミナーでは『ケースブック 租税法第4版』(弘文堂、2013年、4,860円)も利用しますが、大学では本書籍はご用意いたしません。各自でご準備ください。

【セミナー講師】

森信 茂樹(セミナー統括・中央大学大学院法務研究科教授)
酒井 克彦(中央大学商学部教授・中央大学大学院法務研究科兼担教員)
山下 貴(税理士・山下貴税理士事務所所長・中央大学大学院法務研究科客員講師) 

【セミナー内容】

※1/27(土)・2/3(土)実施分は、2016年度実施の税務実務セミナーから一部テーマに変更あり。

日程 講師 テーマ
1/20(土) 酒井 克彦 ①所得税法上の非課税所得
②所得区分
③必要経費・所得控除
1/27(土) 山下 貴 ①相続に関する紛争処理における税務判断
②弁護士業務と小規模宅地特例(総論)
③弁護士業務と小規模宅地特例(各論)
2/3(土) 山下 貴 ①租税法における通達の位置付け
②税務コーポレートガバナンス及び税務コンプライアンスに関する実務における弁護士の役割(総論)
③税務コーポレートガバナンス及び税務コンプライアンスに関する実務における弁護士の役割(各論)
2/10(土) 森信 茂樹 ①法人税概論(法人税法の仕組み・法人とは・益金・損益の区分と別段の定め・損金取引と資本取引の区分など)
②無償取引・寄付金課税
③同族会社の否認と租税回避

【申込期間・方法】

※募集を終了致しました。

2017年12月1日(金)~12月18日(月)  <12月18日(月)は17時までの受付となります。>

※定員上限に達した場合には、途中で受付を終了します。

申込フォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、2017年度税務実務セミナー連絡先メールアドレス宛にお送りください。

2017年度税務実務セミナー連絡先
cls-seminar@tamajs.chuo-u.ac.jp