理工学研究科専攻の方針 数学専攻

1.数学専攻における教育研究上の目的

博士課程前期課程は、現代数学の本質と社会的位置づけに関する学識を授け、国際社会の要望に応える思考力・問題解決能力を養い、「豊かな学識と確かな教育能力を持った教育者」「高度情報化社会を支える知的専門職業人」の養成を目的とする。

博士課程後期課程は、自立した研究活動を通して現代数学の理論・応用に関する豊かな学識と創造力を培い、「創造性豊かな専門的研究者」「確かな教育・研究能力を持つ大学教員」の養成を目的とする。

2.学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

(1)数学専攻において養成する人材像

①博士課程前期課程:現代数学の本質と社会的位置づけに関する学識を持ち、国際社会の要望に応える思考力・問題解決能力を発揮できる、「豊かな学識と確かな教育能力を持った教育者」、「高度情報化社会を支える知的専門職業人」を養成します。

②博士課程後期課程:自立した研究活動を通して現代数学の理論・応用に関する豊かな学識と創造力を培った「創造性豊かな専門的研究者」、「確かな教育・研究能力を持つ大学教員」を養成します。

(2)数学専攻を修了するために身に付けるべき資質・能力

理工学研究科を修了するために身に付けるべき資質・能力に加え、以下の専門性が求められます。

①博士課程前期課程:数学の専門知識と数理的素養を体系的に有して、鋭い洞察力で、さまざまな分野における問題の論理構造を明らかにし、問題解決できる。

②博士課程後期課程:数学の専門知識と数理的素養を体系的に有して、鋭い洞察力で、さまざまな分野における問題の論理構造を明らかにし、問題を解決するとともに、論文作成能力を身に付ける。

3.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

(1)博士課程前期課程

連綿と続く数学の歴史を踏まえ、実践的な知識をも視野に入れて、自立した研究者あるいは高度の専門職業人を養成するとともに、社会で活躍できる有能な人材の育成を目指します。これらの目的を達成するために、代数学、幾何学、解析学、統計科学および計算機科学の特別講義と兼任講師による集中講義など広範囲にわたる講義科目を設置します。論文研修ではこれまでに修得した知識をもとに、研究課題について指導教員が助言を与え、修士論文の作成の指導を行います。

(2)博士課程後期課程

標準的な専門書と最新の論文から得られる専門的知識と、研究遂行の過程で得られる実践的な知識とを融合させ、自立した研究者あるいは高度の専門職業人の養成を目的とします。この目標を達成するために、自らの研究課題を見出せるよう指導教員が助言を与え、特殊論文研修で討論することにより研究課題を精査し、得られた結果を論文にまとめる指導を行います。

4.入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

理工学研究科のアドミッション・ポリシーに加え、以下を方針とします。

(1)博士課程前期課程

学部で学んだ基本的な概念を会得していること。また自ら考える姿勢を身に付けていることを前提とします。

(2)博士課程後期課程

博士課程前期課程で研究したことを自らのものにしており、さらにそれを発展させる能力を有すること。