理工学研究科

外国人研究者講演会等の記録

2022年度

氏名 国名 所属機関 受入区分 職名 講演会開催日 テーマ 参加人数 概要
SOHN Woonyong 韓国 忠北大学 第2群 助教授 2022/6/29 水分解材料とその応用 40 孫先生が行っている光触媒水分解材料についての研究紹介を行った。複合磁性酸化物を光触媒材料として展開した材料の開発過程とその材料の分析評価方法について講演を行っていただいた。さらに、ヘマタイト材料を例に、光触媒材料の評価方法として、光照射インピーダンス測定法の原理・適用例について紹介され、会場からも活発に議論が行われた。
Behr Marek アメリカ アーヘン工科大学 第2群 教授 2022/10/6 Space-Time有限要素法の新展開 25 Moving-boundary flow simulations are an important design and analysis tool in many areas, including civil and biomedical engineering, as well as production engineering. Interface-capturing offers flexibility for complex free-surface motion, while interface-tracking is very attractive due to its mass conservation properties at low resolution. We focus on these alternatives in the context of flow simulations based on stabilized finite element discretizations of Navier-Stokes equations, including space-time formulations that allow extra flexibility concerning grid design at the interface.
Space-time approaches offer some not-yet-fully-exploited advantages; among them, the potential to allow unstructured space-time meshing. New methods for generating simplex space-time meshes have been developed, e.g., allowing arbitrary temporal refinement in selected portions of space-time slabs. The resulting tetrahedral and pentatope meshes are being used in the context of cavity filling flow simulations, such as those necessary to design injection molding processes. A related approach allows for robust and accurate handling of topology changes, as often encountered in free-surface flows and in fluid-structure interaction with dynamic contact.
Assogbadjo Achille ベナン アボメカラビ大学 第2群 教授 2022/10/13 ベナンにおけるSDGs残課題と解決に向けた挑戦 150   ① 梅田学部長 ご挨拶
  ② アソクバッジョ教授 (Univ. of Abomey-Calavi)
  ③ Carlos Oba (Dots for, CEO)
  ④ Hotes Stefan教授 (Chuo Univ.)
  ⑤ パネルディスカッション(ベナン大使館職員を含めての)

アソクバジョ教授からは、アボメカラビ大学の教育システムおよびSDGsに向けた西アフリカ大学連合の目指す姿についての紹介があった。
Carlos氏からは、DotForで実現するベナンの通信システムの普及展開および社会変革にむけた想いとビジョンについての紹介があった。
˚ホーテス氏からは、SDGs課題の解決にむけて、多様な専門家が協力することの重要性について、紹介があった。
パネルディスカッションでは、今後のベナンの社会課題の解決と、日本の大学生の世界での活躍などを目指して、新しい教育システムを協力して構築する方向について、議論された。