国際経営学部新着ニュース

2021年11月15日

国際経営学部NGO/NPO論の授業で、公益財団法人日本財団 国際事業部 国際協力チームのプロジェクト・コーディネター 野見山瞳氏に「日本財団の活動」について、ご講演いただきました

11月9日、NGO/NPO論の授業で、公益財団法人日本財団 国際事業部 国際協力チームのプロジェクト・コーディネター 野見山瞳氏に「日本財団の活動」について、ご担当されているミャンマーの事例を中心に講演いただきました。(担当:山田恭稔教授)

日本財団は、全ての人々が互いに支え合う社会を目指すソーシャル・イノベーションの中心となることを目標とし、国内での福祉、教育、文化に関するプロジェクト、国外での人道的支援や組織強化に関するプロジェクトなどを通して、非常に多岐にわたる支援活動を行なっている公益財団法人です。ミャンマーの事例では、国内の和平構築プロセスの中で社会が抱える課題に対し、地道でありながらも草の根の人々にも確実にインパクトをもたらすプロジェクト活動、そして、そのインパクトがさらに波及する工夫、ならびに、そのインパクトが持続する仕組みづくりについてご講義いただきました。

野見山氏は、ご自身の学生時代の経験が現在の仕事にどのように結びついているかという学生目線に立ったお話から始め、また、途中では課題を考えてもらうなど、双方向性を大切にしながらご講義を進めてくださいました。学生たちにとっては、NGO/NPOに拠る迅速かつきめ細かな、現場を重視した国際協力のアプローチについて学ぶとても有意義な機会となりました。

参加した学生からは、紹介された幾つものビデオ映像と共に、NGO/NPOで実際に活躍している方から直接お話をうかがい、普段知り得ないリアルな活動現場の様子を知ることができて、とても刺激になった、など大変に好評でした。

国際経営学部では、今後も様々な機会に実際に働く方との接点を設け、探求心を刺激しながら実践的な学びを展開していきます。