国際経営学部新着ニュース

2020年12月23日

国際経営学部の学生がネクストワン・パートナーズ株式会社にてインターンシップの報告を行いました

2020年12月7日にネクストワン・パートナーズ株式会社(https://nextone-partners.co.jp/)のインターンシップ報告会が同社の本社にて開催され、インターンシップに参加した国際経営学部 中村潤研究室2年 谷村将太朗さん、同2年杉本大樹さんが最終報告を行いました。

中村教授とインターンシップに参加した谷村将太朗さん、杉本大樹さん

本インターンシップは、本学教授中村潤がプライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現在は、PwCコンサルティング合同会社)に勤務していた頃からの同僚であった橋本航他様がネクストワン・パートナーズ株式会社を立ち上げて代表取締役社長となったことを機に実現したインターンシップです。初回となった今回、インターン生は実際に同社で動いているコンサルティングプロジェクトの調査・分析タスクを担い、コロナ渦でもオンラインを用いながら、躍動感のあるインターンシップとなりました。

 

最終報告会では20分ずつ、各自が調査・分析した内容についてまとめてきた資料を用いて最終報告プレゼンを行った後、プロジェクトの担当者から発表内容やプレゼン方法についてのフィードバックと今後のアドバイスをいただきました。

報告後、インターンの2名からインターンシップ全体を振り返りの場がありました。実際のビジネスに携わり、各自の課題について突き詰めて考えたことの苦労とそれを乗り越え大きく成長できた喜びと達成感、社員の方々の業務の姿を見て多くを学んだこと、さらに実際に動いているプログラムに携われた喜びと時間を割いて熱心にご指導いただいたことへの感謝が述べられました。

橋本社長から修了証書を授与いただきました

 

総評では、橋本航也社長から若いインターン生の調査から学ばせてもらった旨のコメントとプレゼンについてのアドバイス及び実習への労いと今後の人生における温かい励ましのお言葉をいただきました。教授 中村潤からは同社に対して、インターン生へのご指導の感謝と今後の協力・連携の展望が述べられました。

今後も国際経営学部では様々な機会に経営の現場と接点をもち、探求心を刺激しながら実践的な学びを展開していきます。