国際経営学部新着ニュース

2020年10月28日

国際経営学部教員が、コロナ禍、アフターコロナの経営、戦略についてのシンポジウムを開催しました

令和2年10月24日、国際戦略経営研究学会2020年年次大会(オンライン)にて、国際経営学部所属の教員が中心になって、コロナ禍、アフターコロナの経営、戦略についてのシンポジウムの開催を致しました。これは、経営、戦略を研究する研究者が、社会からの要請に応えて実施したものです。

以下にシンポジウムの目的、報告タイトル、パネリストの会議の模様です。

 

Management, Organizations, and Strategies during and beyond the Time of the Coronavirus Pandemic (コロナ禍、アフターコロナにおける経営、組織、戦略について)

 

言語:英語、日本語

パネリスト:

中央大学 野間口隆郎/中央大学 国松麻季/中央大学 シング、マヘンデラ /東新

油脂株式会社 伊藤富佐雄/株式会社レアソン 高桑健太郎/中央大学 咲川孝

 

要旨:

Our International Academy of Strategic Management seeks to build (and test) theories as well as to find new practices and policies in regard to the general field of strategic management and the surrounding fields of international and non-international management and organizations. Business and management researchers may be called for to provide an insight into managing organizations during and beyond the coronavirus outbreak. In response to such a call, the panelists at the symposium will talk about, and offer an insight into, management, organizations, and strategies during and beyond the time of the coronavirus pandemic in terms of their research interests and expertise.

 

パネルストの報告テーマ:

Dynamic capabilities of Kobe's okonomiyaki restaurant that survives the corona era

国際経営学部教授 野間口隆郎 氏

 

Covid-19 and International Trade Rules - A Perspective Required for Global Companies

国際経営学部准教授 国松麻季 氏

 

COVID-19 impact on adoption of online education

国際経営学部准教授 シング、マヘンデラ 氏

 

組織ルーチン変化の外生的要因について

東新油脂(株)非常勤顧問 伊藤富佐雄 氏

 

ポストコロナの戦略的経営能力の再構築のチャレンジ

株式会社レアソン 高桑健太郎 氏

 

An Insight into Human Behaviors amidst the Coronavirus Outbreak: The Cross-Cultural Perspective

国際経営学部教授 咲川 孝 

 

国際経営学部では、社会の多様な経営課題を解決するために、学外の活動においても積極的に参画しています。

今後も、種々の課題を研究・分析し、社会の要請に応える情報を発信することによって、国際社会に貢献してまいります。