理工学研究科新着ニュース

2018年08月09日

理工学研究科の博士後期課程3年 Hieu Ngoc Quangさんと博士後期課程1年 Khanh Nam NguyenさんがPIERS2018にてBest Student Paper Awardを受賞しました.

  • 理工学研究科情報セキュリティ科学専攻博士後期課程3年 Hieu Ngoc Quangさんと同研究科電気・情報系専攻博士後期課程1年 Khanh Nam Nguyenさん(いずれも白井研究室所属)がProgress In Electromagnetics Research Symposium 2018 (PIERS2018)にてBest Paper Awardを受賞しました.

  • 学会名:Progress In Electromagnetics Research Symposium 2018 (PIERS2018)
  • 開催日:2018年8月1~4日
  • 開催地:富山国際会議場,ANAクラウンプラザホテル富山

  • 発表者:博士後期課程3年 Hieu Ngoc Quangさん
  • 受賞名:Best Paper Award 2位
  • 論文タイトル:
    High Frequency Scattering from Conducting Rectangular Cylinder via Surface Equivalence Theorem 
    (表面等価定理を用いた導体四角柱による高周波散乱)

  • 発表者:博士後期課程1年 Khanh Nam Nguyenさん
  • 受賞名:Best Paper Award 2位
  • 論文タイトル:
    H-polarized Plane Wave Diffraction by Thick Conducting Slits 
    (厚みのある導体スリットによるH偏波平面波の回折)