法学部鈴木 遼太郎

プロフィール

学科学年 政治学科4年
出身地 福島県いわき市
出身高校 福島県立磐城高等学校
趣味・特技 歴史巡り、書道
キーワード 公務員試験・奨学金
掲載年月日 2016年1月27日

中央大学法学部を選んだ理由を教えてください。

2点あります。1つ目は、法学部政治学科が、政治学を中心として法律、経済までバランスよく学べる学科であったためです。高校在学時、将来の目標が明確に決まっていたわけではなかったため、様々な学問に触れることで自分の道を考えて行こうと思いました。2つ目は、歴史と伝統がある点です。歴史がある分、経験豊富な先生方が多く、良い環境で学ぶことができると考えました。

法学部での学びについて。特に興味を持って受講した授業や、力を入れて学んだことについて教えてください。

3年次から履修する専門演習です。2年次の後期から先輩方の指導のもとプレゼミというものが始まり、国際関係の歴史・理論・思想を学びつつ、現代の国際情勢・現象を分析することを行ってきました。他大学とのセミナーに参加したり、2万字の論文を2本執筆したり、私の学びの中心となりました。 また、学業においては「知識を大事にする」ことを意識していました。もちろん、現状に対する批判的な見方や論理的思考を身につけることも大変重要です。しかし、そういったものは、様々な考え方があることを学んだ上に成り立つものであり、知識の獲得をおろそかにすべきではないと考えます。

留学、奨学金受給などについてどのような活動をしてどのような学びがありましたか。

4年次に法学部の「学長賞・学部長賞給付奨学金」を受給しました。日頃行っている勉強や課外活動を評価していただき、充実した大学生活への後押しとなりました。また、法学部独自に行っている「やる気応援奨学金」では、4年次に公務員部門を受給しました。公務員試験の受験に際する金銭的な支援があることで、不自由なく試験対策に勤しむことができました。

サークル等の課外活動について教えてください。

アカペラサークル「Do it your voice」に在籍しています。3年次には代表として、200名ほどいるサークルをより良いものにするため活動しました。ライブの企画・運営や公認サークル申請、合宿の企画・運営など様々な場面においてアイディアを出し、意見を調整して全体を指揮していった経験は、私の人生においてかけがえのない宝です。

いま現在もっとも関心を持って取り組んでいることは何ですか。

自動車の教習です。就職活動が終わり、時間に余裕ができたので通っています。また、語学学習も続けています。在学時に留学に行く機会がなかったので、自分なりに残りの学生生活で伸ばしていきたいと考えています。

卒業後の計画は何ですか。また、今後のキャリアプランとそれを含めた人生の夢やビジョンについて教えてください。

公務員試験の国家総合職に合格し、文部科学省に入省が決まっています。グローバリゼーションや少子高齢化によって社会が変容する中、一人ひとりが社会で活躍できるような制度づくりをしたいです。さらに、教育・文化・スポーツ・科学技術というまだまだ可能性あふれる分野を伸ばしていくことで、日本の持続的発展に貢献していきたいです。

中央大学の魅力とは何ですか。

歴史と伝統があり、学識豊かな教員が揃っていること、学修空間として最適の環境であること、学生主体のサークルが勢ぞろいしていること、等だと思います

受験生へのメッセージをお願いします。

大学生活は、誰かから強制されるということはほとんどないため、「自主性」「主体性」が重要になってくると思います。中央大学には主体的な活動を促すたくさんのサポート、良好な環境が整っています。ぜひ中央大学に入学して、そこにあるチャンスと可能性を活かし、実りある学生生活を実現してください!