法学部新着ニュース

2016年06月28日

法学部教授 井関正久が著書(単著)を出版しました。

法学部教授・井関 正久(専門分野:ドイツ現代史・社会運動研究)の著書「戦後ドイツの抗議運動 ―― 「成熟した市民社会」への模索 ――」が出版されました。日本と異なり「カウンター・デモクラシー」が根付くドイツをテーマに、冷戦下の東西分裂時代から統一を経て現在にいたるまで、政治や社会を変えてきた「抗議文化」の歴史をたどった一冊です。

 

 

【著書情報】

 《タイトル》 「戦後ドイツの抗議運動 ―― 「成熟した市民社会」への模索 ――」

 《著 者》   井関 正久

 《出版社》   岩波書店

 《ISBN》   978-4-00-029190-3

 《概 要》    http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-029190