国際経営学部新着ニュース

2021年11月18日

国際経営学部3年生が附属高校3年生のスーパーサイエンスハイスクールの英語ポスター発表に参加しました

中央大学附属高等学校は、文部科学省のプログラムである「スーパーサイエンスハイスクール」SSH(Super Science High School)に採択され、高校3年生がProject in Englishという授業において卒業研究を英語でポスター発表する取組をしています。11月16日に高校の多目的ホールで開催された発表会に、英語に堪能な国際経営学部の3年生有志10名が参加し、発表を聴くとともに英語によって質疑応答やディスカッションを行いました。

 

発表した高校生からは、「自分のプレゼンを楽しんでもらえていると感じた」「大学生の皆さんの質問攻めがかなりきつく、スポーツをした後くらい疲れた」「大学生のみなさんが優しくて楽しかった」「大学生のみなさんから刺激を受けられて良かった」といった声がきかれました。それぞれが持てる力を最大限使って応対してくれた様子です。

また、国際経営学部生からも、「面白い科学系の発表をたくさん聞くことができた」「着眼点が素晴らしく、興味津々に発表を聞き、質問した」「高校生のエネルギーに刺激を受け、とても有意義な時間だった」「自分たちも頑張らなければと思った」といった感想がありました。それぞれの立場から刺激を受け合う貴重な機会となりました。

 

 今回の学部生による高校訪問と交流の機会は、中央大学附属中学校・高等学校 本多洋平教諭(英語科)、同森脇啓介教諭(物理科)と、国際経営学部教授 国松麻季が連携し、高校および国際経営学部事務室の支援を得て実現しました。今後も、さまざまな機会を捉え、交流を図っていく予定です。