国際経営学部新着ニュース

2021年03月18日

2020年11月22日に実施された第101回中国語検定の結果及び国際経営学部における語学学習のサポート体制について

2020年11月22日に実施された第101回中国語検定で、国際経営学部の学生が下記の成績を収めました。

 

 3級合格 8名(2年生)

 4級合格 6名(1年生)

 

国際経営学部では李洵先生・田園先生が中国語の授業を担当し、まったくの初心者でも2年間続けて週2回の授業を履修することで、2年次後半には中国語検定3級に合格することを目標としています。

(1年次後半に受験する場合は4級合格が目標です。)

また、アカデミックサポートセンター(通称:ASC)の王玲玲先生も、学生の個別相談に対応し中国語学習を支援しています。ASCは、学習の基礎となる経営学や経済学といった正課授業と連携したプログラムを提供し、学習意欲の喚起、学びの定着を支援していますが、英語や中国語学習におけるサポートについても、ネイティブの教員が積極的に行っています。

 

国際経営学部は、これからも世界的に影響力を持つ主要言語の習得を通して、国際社会において活躍できるグローバルリーダーの育成に努めてまいります。