国際経営学部新着ニュース

2020年10月28日

国際経営学部の専門演習I(担当教員:本学部准教授 国松麻季)において、日本貿易振興機構(ジェトロ)ジャカルタ事務所の鈴木啓之所長をお招きし、講義とディスカッション(オンライン)を実施しました

オンラインで語り掛けてくださる鈴木所長のお話しを、多摩キャンパスに新設された「グローバル館」の教室から聴講するゼミ生

2020年10月22日、国際経営学部の専門演習I(担当教員:本学部准教授 国松麻季)において、日本貿易振興機構(ジェトロ)ジャカルタ事務所の鈴木啓之所長をお招きし、講義とディスカッション(オンライン)を実施しました。

講義では、インドネシアの経済概況、日系企業の展開や関連する制度・政策、日系企業のビジネス環境改善に向けた働きかけなどについてお話しいただきました。ディスカッションでは、投資先としての他国との競争状況や日系企業の投資の推移とその背景、同地における自動車産業の発展、日系企業の活動などの質問にお答えいただき、さらには、インドネシアにおけるお仕事のご苦労ややりがいについてもお聞かせいただきました。

オンライン環境下ならではの、ジャカルタ事務所と多摩キャンパスを結んだ対話を通じ、日本の重要なパートナーであるインドネシアの最新のビジネス環境への理解が深まるとともに、日系企業や現地政府・経済界と日々緊密に展開される鈴木所長のお仕事を身近に感じることができました。

 

新設2年目を迎えた国際経営学部で今期から開始された「専門演習I」では、少人数のクラスで専門分野での学びを深めていきます。国松麻季の専門演習では、グローバルビジネスと貿易投資政策や国際経済法とのかかわりを、実務家の方々との接点を持ちながらゼミ生が主体的に学んでいきます。今回も鈴木所長のお話をお聴きするにあたり、インドネシアや東南アジアに特に高い関心を持つ学生が、事前学習を主導し、当日の進行を担当しました。

 

国際経営学部では、政府機関や産業界などから実務の最前線におられる専門家との対話の機会を設け、探求心を刺激し視野を広げる学びを展開し、グローバルリーダーの育成に努めてまいります。