国際経営学部新着ニュース

2019年04月12日

国際経営学部 飯田朝子教授が第56回宣伝会議賞において4年連続で協賛企業賞を受賞しました

3月7日に虎ノ門ヒルズで開催された第56回宣伝会議賞の贈賞式において、国際経営学部の飯田朝子教授が4年連続で協賛企業賞を受賞しました。
 
第56回目の今回は応募総数54万8258点あり、そのうちPontaカードに関するキャッチフレーズにおいて協賛企業賞として選出されました。

宣伝会議賞は、広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募する公募広告賞です。50年以上の歴史を持ち、コピーライターの登竜門とも言われており、過去の受賞者も広告界で働く方々が多数いるコンテストです。

広告業界以外からの4年連続の受賞は稀なケースであり快挙となりました