経済学部経済学部長挨拶

山﨑 朗 中央大学経済学部長

中央大学経済学部(当初名称は経済学科)は、1905年に設立されました。1885年に創立された中央大学(当初名称は英吉利法律学校)の中では2番目に歴史のある学部です。2005年には100周年という節目を迎えました。それを機に、本学の「建学の精神」である「實地應用ノ素ヲ養フ」という教育理念を社会の変化に適合させ、情報化・国際化・少子高齢化・地方分権化・環境重視といった社会動向に積極的に対応すべく、科目再編成と学科名称の一部刷新により、経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科の4学科体制とし、再スタートを切りました。

経済学は社会と密接に結びついた学問です。中央大学経済学部では、社会での活躍を前提に「理論」「制度」「歴史」「政策」の4つの側面から学修できる充実した教員スタッフと教育プログラムを整えています。また、4学科体制のもとで、体系的な学修を可能となるよう、各学科に2つずつ、計8つのクラスター科目群を配置しています。経済総合とヒューマンエコノミー(経済学科)、企業経済と経済情報(経済情報システム学科)、貿易・国際金融と経済開発(国際経済学科)、公共と環境(公共・環境経済学科)です。

学問や技術がクロスオーバーする時代において、確固たる知識基盤の形成や健全な人間形成を目指すために必要なのが、外国語、健康・スポーツ、総合教育の科目群です。こうした一連の科目を多面的にかつ主体的に学修することで、コミュニケーション能力、論理的思考力、幅広い教養および批判的精神を身につけられると同時に、先見性や問題の発見・解決能力を醸成できます。

中央大学経済学部では、幅広い教養、論理的思考力、高いコミュニケーション能力を身に付けるために、教職員一同協力しながら、「ゼミナール」、「グローバル人材育成」、「キャリア教育」など、教育環境・教育プログラムの充実を進めてきました。中央大学の奨学金制度とは別に、経済学部独自の「給付奨学金」制度も拡充させており、学生のみなさんたちの留学、資格取得、ボランティア、社会貢献などの夢の実現をサポートしています。

経済学部のキャッチフレーズは、「本物と出会い、本物になる。未来を創る中央の経済」です。グローバル化、デジタル化、少子高齢化、ワークライフバランス、地方創生、第4次産業革命、Society5.0、SDGs、人生100年時代の到来などが語られる近未来社会において、いかなる国や地域にあっても、学生のみなさんが人々に信頼され、力強く活動できる、未来創造に貢献できる本物の人材を育てる、という想いが込められています。

学生のみなさん一人ひとりが、経済学部、FLPや経理研究所等の教育システムを活用し、多様な能力と学修し続ける姿勢を身に付けた「冷静な思考と温かい心を持った国際的な視野に立つ経済人として」キャリア形成をされることを期待しています。

中央大学経済学部長 山﨑 朗