• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

理工学研究科
三つの方針

  • 学位授与の方針
    (ディプロマ・ポリシー)
  • 教育課程編成・実施の方針
    (カリキュラム・ポリシー)
  • 入学者受け入れの方針
    (アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

理工学研究科において養成する人材像

理工学研究科では、建学の精神「實地應用ノ素ヲ養フ」に基づく「実学重視」教育の立場から、理学、工学及びその関連諸分野に関する理論並びに諸現象にかかる高い研究能力と広く豊かな学識を有し、専攻分野における教育研究活動その他の高度の専門性を必要とする業務を遂行することのできる人材を養成します。その意味するところは、科学技術分野の諸課題、並びに現代社会が抱える複雑な課題に対して、新しい視点を持って自ら取り組むべき問題を明確化し、多面的に問題解決へのアプローチを行い、最適な解決策を見出すこと、そしてそのような能力の向上に向けて継続的に努力する姿勢を持つことのできる人材の養成です。また、産業界で働く社会人に対しては、各専攻が関与する専門分野の学習・研究能力向上の機会を提供することで、より高レベルの技術課題解決能力を有する人材を養成します。

各専攻の養成する人材像は次の通りです。

  • 数学専攻: 博士前期課程では、現代数学の本質と社会的位置づけに関する学識を持ち、国際社会の要望に応える思考力・問題解決能力を発揮できる、「豊かな学識と確かな教育能力を持った教育者」、「高度情報化社会を支える知的専門職業人」を養成します。
    博士後期課程では、自立した研究活動を通して現代数学の理論・応用に関する豊かな学識と創造力を培った「創造性豊かな専門的研究者」、「確かな教育・研究能力を持つ大学教員」を養成します。
  • 物理学専攻: 先端技術の進歩を意識しながら、基礎知識や基本的な解決方法と解決手順を身につけ、それを実際に応用できる能力を持つ人材を養成します。博士前期課程では、研究機関で活躍できる研究者の養成とともに、民間企業の技術者として有為な人材を育てることに主眼を置き、広い視野と基礎知識を持った問題解決型の人材を養成します。
    博士後期課程では、大学、公的機関等で活躍できる研究者を養成するとともに、民間企業の高度な専門技術者として有為な人材を養成します。
  • 都市環境学専攻: 博士前期課程では、都市環境学分野の知識を深めるとともに、自ら考え問題発見し解明する、真の技術者を養成します。
    博士後期課程ではさまざまな社会からの要請を積極的に正面から受け止め、問題を構造化し、その解決に向けて一歩一歩研究に努力していく研究者、技術者としての人材を養成します。
  • 精密工学専攻: 博士前期課程では、グローバルな視点をもって精密工学の諸課題の解決に自立して取り組むことのできる人材を養成します。また、快適で安全な社会、資源エネルギー循環型社会等の実現を目指す基盤として精密工学は重要であり、そこで活躍できる人材を養成する。
    博士後期課程では、グローバルな視点と深い専門性を両立することで、精密工学の諸問題に対する高度な解決能力と後進に対する指導能力を持って研究・開発の第一線で活躍できる研究者・エンジニアを養成します。
  • 電気電子情報通信工学専攻: 博士前期課程では、電気・電子・情報・通信技術を基盤とする高度化社会における企業、研究機関、研究教育機関等において、職場での実践と経験と自学習によって、常に、持てる知識と応用力を更新させ、駆使し、協働的環境のなかでも、互いに知恵を出し合って、 創発力を発揮し、より先導的に活動することができる人材を養成します。
    博士後期課程では、専門分野の情報収集・発信能力などを備えた国際レベルの専門家として、自立した活動を行う研究者・技術者を養成します。
  • 応用化学専攻: 博士前期課程では、学士課程における化学の基幹分野である無機化学・物理化学・有機化学・化学プロセス工学の高度な専門知識の獲得とともに、機能・物性化学系、環境・プロセス化学系、生命・有機化学系のいずれかの分野の先端的研究を通じて、化学の幅広い分野で活躍できる技術者、研究者を養成します。
    博士後期課程では、自立した研究者として最先端のテーマについて顕著な研究成果をあげ、国際的に活躍できる研究者、技術者を養成します。
  • 経営システム工学専攻: 博士前期課程では、品質経営、環境経営、新製品開発、信頼性・安全性工学、統計工学、理財工学、システム工学、最適化設計、非線形システム論、ヒューマンメディア工学、知能情報学、知能システム工学などの専門分野で指導的な役割を果たすことのできる技術者・研究者を養成します。
    博士後期課程では、より高度な研究活動を通して、自立して研究を遂行する知識と能力を持つ技術者・研究者を養成します。
  • 情報工学専攻: 博士前期課程においては、情報処理分野、情報数理分野、情報システム・ネットワークと情報セキュリティ分野、コンピュータハードウェアの高信頼性設計分野の少なくとも一つの分野から深く課題にアプローチし、問題の発見と整理、解決策の調査・探索、解決策の考案、及び解決策の実施と評価、という一連の過程を行える知識と能力とを身に付けた人材を養成します。
    博士後期課程においては、高度な専門知識、ならびに情報技術が人間・社会に与える影響についての洞察力や幅広い視野をベースに、問題を発見して新しいコンセプトを創出し得る独創性を身に付けた人材を養成します。
  • 情報セキュリティ科学専攻(博士後期課程): 情報セキュリティ科学を学問的立場から研究するとともに、基礎研究を推進できる研究者、情報セキュリティの先端的な技術者、そして電子社会システムを立案・運営するための総合的能力を持つ高度な職業人を養成します。
  • 生命科学専攻:日進月歩の発展をしている生命科学の分野に学際的な観点から取り組み、未知の問題を自らの発想で解決できる研究者を養成します。そのためには、コンピュータ解析を含む実験・観察と、自らの実験・観察で得られたデータの解析を重視する教育を行います。

理工学研究科を修了するにあたって備えるべき資質・能力

次の7つの資質能力を獲得しているものとします。

  • コミュニケーション力:様々な説明の方法や手段を駆使し、意見の異なる相手との相互理解を得ることができる。
  • 問題解決力:新しい視点を持って自ら問題を発見し、最善の解決策を選択し、計画的に実行できる。その結果を多面的に検証し、計画の見直しや次の計画に反映することができる。
  • 知識獲得力:継続的に深く広く情報収集に努め、取捨選択した上で、知識やノウハウを習得し、関連付け、他者が思いつかない形で活用することができる。
  • 組織的行動能力:チーム、組織の目標を達成するために何をすべきか、関係者の利害を複数の視点から幅広く考慮したうえで適切な判断を下し、自ら進んで行動を起こすだけでなく、目指すべき方向性を示し、他を導くことができる。
  • 創造力:知的好奇心を発揮して様々な専門内外のことに関心をもち、それらから着想を得て科学技術の発達に貢献するような独自のアイディアを発想することができる。その際、関連法令を遵守し、倫理観を持って技術者が社会に対して負っている責任を果たすことができる。
  • 自己実現力:自らを高めるため、常に新しい目標を探しており、見つけるとその達成のために最短の道筋を考えてそれをたどるために努力する。失敗してもあきらめず、繰り返し挑戦する。
  • 専門性
    数学専攻: 数学の専門知識と数理的素養を体系的に有して、鋭い洞察力で、さまざまな分野における問題の論理構造を明らかにし、問題を解決できる。
    物理学専攻: 専門知識を応用し、身の回りの自然現象から宇宙の成り立ちに関することまで、幅広く自然現象に興味を持ち追求し、多様性の深層にある普遍性を解明する。その探求の成果を社会に還元できる。
    都市環境学専攻: 広さと深さがある知識と経験をもとに、都市環境学についての知識を体系的に有し、持続可能な循環型社会システムの構築を目指し、様々な課題を分析・評価し、全体最適化を図りつつ、解決のためのプロジェクトを実現できる。
    精密工学専攻: 広く深い知識と十分な経験をもとに、境界領域をまたがる専門知識を総合的に活用し、全世界的な幅広い視野を生かして、社会に役立ち人にやさしい精密機械システムの新規な設計・開発を通じて大局的な視点から問題解決を先導できる。
    電気電子情報通信工学専攻: 当該工学分野の知識と応用力を広く、深く有し、それらを中核とし、相応の人間力も、できれば分野以外の関連工学の知識も、併せて活用し、経済性や環境などの複合的な制約条件下で、全体を見通した構想の基に、互いに知恵を出し合って、創発力の発揮に努め、複合的に絡み合う課題の適切な解決策や解を導き出すことや、特定の需要に合ったシステム、構成要素又は工程の適切な設計をすることを、継続的に行うことができる。
    応用化学専攻: 広く深い専門知識を体系的に有し、新しい化学物質を生み出すことを基礎として、さまざまな問題に化学の観点から解決策を見出し、その成果を社会に還元できる。
    経営システム工学専攻: 広さと深さがある知識と経験をもとに、状況に応じて最適な汎用的手法を統合し、顧客視点で人、資金、設備、情報などの経営資源のマネジメントの最適化ができる、あるいは専門職業人と討論できる。
    情報工学専攻: 非常に高度な専門知識を有し、専門知識人対象レベルの情報の理解と正確性の判断をして自らの主張を国内外に発信できる。秀でた工夫により一定基準以上の正確さや緻密さをもった作業を行うことができる。
    情報セキュリティ科学専攻: 当該分野の知識と応用力を関連分野にもまたがって広くかつ深く有し、複合的に絡み合う情報セキュリティに関わる技術的・社会的・経済的・法的課題の適切かつ実現性のある解決策を導き出すことができる。その解決策を実現するための構成要素又はシステムの適切な設計を行うことができる。
    生命科学専攻:当該分野の最新の知識を迅速に収集し修得できるのみならず、その知識の拡大・発展の方策を提案できる。過去の知識に囚われることなく自らの実験データの内容を吟味し、そこに含まれる新発見の糸口を見出すことができる。

理工学研究科の修了に必要な学習量と修了要件

博士課程前期課程を修了し、修士の学位を取得するための学習量と修了要件は次の通りとします。

  • 博士課程前期課程に2年間以上在学すること。ただし、研究科委員会が優れた研究業績を上げたと認めたものについては短縮されることがある。
  • 修了に必要な単位となる授業科目を論文研修第一及び第二を含めて30単位以上修得すること。ただし、優れた研究業績を上げて早期に修了する場合は、論文研修第一を含めて30単位以上修得すること。
  • 2年間に相当する内容の研究を行った成果を論文にまとめ、修士論文の審査および最終試験に合格すること。

博士課程後期課程を修了し、博士の学位を取得するための要件は次の通りとします。

  • 博士課程後期課程に3年間以上在学すること。ただし、研究科委員会が優れた研究業績を上げたと認めたものについては短縮されることがある。
  • 特殊論文研修Ⅰ(一年次)、特殊論文研修Ⅱ(一年次)、特殊論文研修Ⅲ(二年次)、特殊論文研修Ⅳ(二年次)、特殊論文研修Ⅴ(三年次)、特殊論文研修Ⅵ(三年次)の6 科目12 単位を修得すること。
    ただし、優れた研究業績を上げて早期に修了する場合は、以下の通りとします。
    二年半で修了する者は10単位(特殊論文研修Ⅰ ~ Ⅴ)、
    二年で修了する者は8単位(特殊論文研修Ⅰ ~Ⅳ)、
    一年半で修了する者は6単位(特殊論文研修Ⅰ ~Ⅲ)、
    一年で修了する者は4単位(特殊論文研修Ⅰ ~Ⅱ)
    を修得すること。
  • 3年間に相当する内容の高度・先導的な研究を行った成果を論文にまとめ、博士論文の審査および最終試験に合格すること。

活躍することが期待される卒業後の進路

理工学研究科の修了後は、人間社会の発展と人々の幸福の増進のため、理工学の高度な知識と未 来志向の技術を社会に還元することが期待されます。企業における高度かつ先導的な技術者・研究 者・管理職・経営職、公的機関における高度かつ先導的な技術系専門職・管理職・経営職、大学及 び研究所の研究・教育職・経営職、工業系高等専門学校・高等学校・中学校における教員などの職 が進路として考えられます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

理工学研究科において展開するカリキュラムの基本方針・構成

修了時点で求められる幅広さと奥深さをもつ知識とそれを高度に活用するためのコミュニケーション力、問題解決力、知識獲得力、組織的行動能力、創造力、自己実現力、専門性を確実に身につけられるよう、各専攻にはそれぞれの専門分野に特化した科目を設置します。特に、博士前期課程における論文研修第一、第二では教員の助言に基づいて,自立した研究に取り組み、博士後期課程における特殊論文研修Ⅰ~Ⅵでは教員の助言を得つつ,自立した研究を実践します。また、幅広い識見を身につけるために、一定の範囲内で、本学内の他専攻科目、他研究科科目、オープンドメイン科目を履修可能とします。さらに単位互換協定を結んでいる他大学院の授業科目や留学等による認定単位の制度を設けます。加えて、学際的融合分野の学習のために、副専攻科目を設置する。異なる専門分野を専攻する際の基礎的知識を充実させるために、学部・大学院共通科目として自由科目を設置します。

カリキュラムの体系性

講義科目では高度な専門知識の獲得と問題解決力の伸長を目的に、専門分野について最新の知識を多角的に学ぶことができます。また、論文研修では、高度な研究への取り組みを通して、課題の発見から解決方法の提案と検証、情報の発信までを深く体得し、コミュニケーション力、問題解決力、知識獲得力、組織的行動能力、創造力、自己実現力、専門性を総合的に、かつ高いレベルで身につけます。さらに、副専攻では、複数の専攻にまたがる領域の講義科目と特別演習科目を通じて広く豊かな学識と、その応用に資する素養を涵養することができます。異なる専門分野を専攻する際に必要となる基礎知識については、自由科目の履修により充実を図ることができます。オープンドメイン科目では、理工学分野に限らず、社会科学・人文科学を含めた広い分野にわたる学修ができます。

カリキュラムの特徴

主専攻科目においては、修了生が科学技術の第一線で活躍する力を身につけることを目指し、高い研究能力と広く豊かな学識を教授できるカリキュラムを展開しています。また、学際的な性格をもつ最先端のトピックを体系的に学ぶ教育プログラムとして副専攻を設置し、主専攻と異なる分野の研究アプローチや当該分野の専門的知識の修得を図っています。さらに、研究と実務融合による高度情報セキュリティ人材育成プログラムなどの、他大学院との単位互換によるスペシャリスト育成プログラムを設置して、高度専門職業人育成を進めています。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

理工学研究科の求める人材

理工学研究科は、将来の科学技術基盤を担う研究者・技術者の養成をすべく、基礎に重点を置きながらも最先端の理論と技術を習得するための教育を提供しています。また、実学を念頭におき、産学連携教育、産学連携研究を通じて、価値観の多様化、研究領域の多様化を考慮した創造的視点からの問題解決能力の育成、早期に社会的貢献ができる人材を輩出することを目標としています。そのために、以下のような人が積極的に入学することを期待します。

  • 国際的第一線で活躍できる研究者・技術者となりたい人
  • 広い視野と学部で習得した基礎学力の充実を深めて、より高度な専門知識と研究遂行能力を習得したい人
  • 深く広い思考力と問題発見・定式化能力に基づく先端的研究能力を向上させるための理論と応用力を習得したい人
  • 高信頼性を保持した、安全で豊潤な社会情報基盤を築くことに関心のある人
  • 理工学の分野だけでなく、社会科学・人文科学との連携も視野に入れた境界領域の学問分野に関心のある人

以上の共通基盤として、学部卒業水準以上のコミュニケーション力、問題解決力、知識獲得力、組織的行動能力、創造力、自己実現力、ならびに専門性を発揮しており、入学後も自らそれらを向上させる意志を有することが求められます。

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

大学理工系学部卒業程度の基礎学力が必要です。特に、それぞれの専門分野においては、大学卒業程度の専門知識および応用力を持ち、発揮できることが望まれます。