• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

理工学研究科
先輩からのメッセージ

ひたすら考え続ける貴重な経験ができる場所

理工学研究科精密工学専攻博士課程前期課程 2016年3月修了
磯邉 柚香さん

私は、自らで立ち上げた「移動ロボットによる人物追跡」というテーマで研究を行ってきました。大学院では、テーマの問題点や解決策は人に教わるものではなく、自分で考えて答えを見つけなければなりません。研究活動の中で最も身に付いたのは、自発的に問題を提起し、解決策を考え続ける力です。2年間必死に考え続けたことは非常に有意義で、同時に大学院以外では得ることのできない貴重な経験であったと感じています。大学院の門戸は誰に対しても開かれています。自ら門戸を叩き、貴重な経験を手にしてみませんか?

「勉強」から「研究」へ

理工学研究科都市環境学専攻博士課程後期課程 2016年3月修了
吉見 和紘さん

"水"にまつわる災害が後を絶たない中で、水災害時における不確実性下での意思決定とリスク評価の枠組みを理論的に示すことが私の博士課程での研究テーマであり、それは現状の課題に対する解決への道筋を提示するものでした。一方で、学部時代に学ぶ科目の多くは、19〜20世紀に提唱された理論や当時の考え方であり、決して最新の学問ばかりではありません。基礎を学ぶことは大切ですが、それらに基づいた最新の研究や、未来の教科書に載るような夢のある研究は、大学院の修士・博士課程に行かないとできません。科学に基づいて社会へ貢献したいという思いを持つ人には大学院への進学を強くおすすめします。