• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

理工学研究科
高度情報セキュリティ人材育成プログラム

「研究と実務融合による高度情報セキュリティ人材育成プログラム」(ISS2)は、中央大学、情報セキュリティ大学院大学、東京大学、国立情報学研究所、独立行政法人情報通信研究機構と企業8社からなる産官学連携の取り組みで、平成19年度の文部科学省「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」に採択されました。

このプログラムでは、将来のわが国の発展やわれわれの生活に不可欠な情報技術・情報通信技術に係る優れた人材を、特に認められた高度研究教育機関で育成し、修了した学生のみにサーティフィケートを授与します。すなわち、受験資格に制限がない情報関係の国家資格試験とは異なり、明確な目的のもとに設計された課程を経ることを必須とする、スペシャリスト育成コースです。

ISS2では、情報セキュリティ全般の知識を備えた2種類の人材育成が目標です。一つは、優れた基礎能力を駆使して問題の本質を把握し、抜本的な情報セキュリティ対策や基盤技術を創出・先導できる「高度情報セキュリティ研究・開発者」、もう一つは、企業活動や国の安全・安心を確保する観点から、実社会の正確な状況認識のもとに、CIO/CISOとして組織の情報政策を主導できる「高度情報セキュリティ実践リーダー」です。

中央大学が採択されたのは、ソフトウェアスペシャリストを育成する「先端ITスペシャリスト育成推進プログラム」に続き2年連続です。これは、情報を核とした研究教育分野で将来のリーダー人材を育成する本学の位置づけや社会からの期待を一層明確に示しています。