• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

理工学研究科
理工学部長・理工学研究科委員長挨拶

理工学部長・理工学研究科委員長 樫山 和男

樫山 和男
理工学部長・
理工学研究科委員長

理工学部・理工学研究科は、中央大学の建学の精神「實地應用ノ素ヲ養フ」に基づく「実学重視」教育の立場から、各専門分野における確実な基礎学力と応用力を身につけるとともに、多様化する要求への対応力、組織をまとめる交渉力、新しい課題への挑戦力をもつ、グローバルに活躍できる人材の育成に力を入れております。

中央大学理工学部は、法学部、経済学部、商学部に次いで,4番目の学部として1949年の新制大学制度の発足と同時に中央大学工学部としてスタートいたしました。スタート時は、戦後の復興を支援することを目的として土木工学科(現都市環境学科)、精密工学科(現精密機械工学科)、電気工学科(現電気電子情報通信学科)、工業化学科(現応用化学科)の4学科体制でしたが、1967年に数学科、物理学科、管理工学科(現経営システム工学科)を設置して理工学部と改組し、キャンパスを現在の後楽園キャンパスに移転いたしました。その後、産業構造等の変化に対応するため情報工学科、生命科学科を設置し、2013年には人間総合理工学科を設置して、現在の10学科の陣容を整えるまでになっております。このように中央大学理工学部は時代の変化・要請とともに、常に学科の新設や改組を行ってまいりました。

一方,大学院理工学研究科は,工学部設置の4年後の1953年に修士課程が,そしてそのわずか2年度の1955年に博士課程の設置が認可されました。これは、私立大学では異例の速さであり、当時の教員の研究を重視する姿勢と質の高い研究実績の賜物といえます。この伝統は、10専攻からなる現在も引き継がれており、高度な専門教育の場を提供するとともに、研究を通じてより高い科学・技術スキル・マインドを身に付けた高度職業人を社会に送り出しております。また、2003年には理工学の幅広い知識と見識を有する優秀な人材の育成のために副専攻制度を他大学に先駆けてスタートさせています。そして、2018年度からは博士課程において海外の大学とのダブル・ディグリープログラムをスタートする予定です。

理工学部および理工学研究科の卒業生・修了生はこれまでに約6万人を数えており、各界において目覚しい活躍をしております。学部の1年生よりキャリアデザイン教育に力を入れるとともに、グローバルに活躍できる人材の育成の観点から、海外留学や海外研修プログラムを多数用意しております。その他、技術士1次試験対策や公務員講座なども開設し、ここ数年技術士1次試験の合格者数は全国1位、公務員試験で最も難関といわれている国家公務員総合職試験の合格者数は全国10位以内と目覚しい実績を上げております。また、大学院生は、そのほとんどが大学の助成制度を利用して海外での国際会議にて発表をおこなっております。

理工学部・理工学研究科のある後楽園キャンパスは、緑あふれる後楽園を俯瞰する高台に位置し、交通アクセス・環境の良さは都内でも有数であり、研究・教育施設も充実しており、勉学に勤しむのに最適な環境を整えております。また、中央大学が掲げる将来構想Chuo Vision 2025においても後楽園キャンパスのさらなる充実が盛り込まれております。

理工学部は2019年には創立70周年の節目の年を迎えます。日本および世界においてより存在感のある理工学部・理工学研究科になるべく、教職員一体となって改革・発展を追求してゆきたいと考えております。