経済学部新着ニュース

2019年03月28日

【ゼミ】井村進哉ゼミ・鳥居伸好ゼミが韓国の大学で研究報告・研究交流を行いました。

中央大学経済学部グローバル教育の取組みの一環である、グローバル・フィールド・スタディーズ(GFS)として、井村進哉ゼミ生5名、鳥居伸好ゼミ生18名は、2019年3月19日~22日の日程で、韓国の大学で研究交流を行いました。

20日には、仁川(インチョン)大学で梁峻豪(ヤン ジュンホ)教授の「韓国における経済格差」の授業をうけ、井村ゼミ生5名による研究報告が行われました。

21日は、鳥居伸好ゼミ18名が江南大学を訪問し、副総長はじめ大学交流担当の各行政長との懇談を行うとともに、ゼミ生18名による経済格差や働き方改革など5つの班での各テーマに即した研究報告や徐炳学(ソウ ビョンハク)教授による中国経済に関する授業など、多様な内容で研究交流がはかられました。

 

経済学部では、地球規模で活躍できる人材の養成のため、充実した独自のプログラムを展開しています。