商学研究科修了生の声

商学研究科博士課程前期課程 商学専攻 2019年3月修了
樋口 晃太さん

経営の理論と現場を行きつ戻りつ

私はNPOでインターンシップをしながら、企業が「社会問題の解決」を通して競争優位を構築するための方針と方策について研究しました。経営学は「実学」的性格が強い学問です。自ら現場に出向いて知見を獲得する姿勢が求められます。商学研究科には、多様なバックグラウンドをもつ先生方や仲間達と、お互いの知見を体系化するために切磋琢磨できる環境が整っています。経営の理論と現場を行きつ戻りつしながら研究に邁進する日々は、とても刺激的で成長の機会にあふれていました。「実学」教育が伝統の中央大学で、そんな毎日を送ってみませんか?

商学研究科博士課程後期課程 商学専攻 2019年3月修了
髙坂 紀広さん

大学院生活という研究者としての自己形成の舞台

大学院では、会計測定の現行制度における問題を研究対象としてきました。大学院に入ってからは、常に自信と不安の中で、この問題に関する研究活動を進めていったという感慨があります。
日々のゼミや授業では、独立した1人の研究者として扱われます。同じ研究者としての指導教授・他の院生とのやり取りは、自分が研究者として切磋琢磨する立場となったことを実感する機会となりました。しかし、そのことは同時に、自分のやってきたこと・信じてきたことの真価を問われる試練となってあらわれます。
研究の技術等も学んできたと思いますが、この自信と不安の経験が、今の自分を形成していると思います。