商学研究科修士論文に代わる「特定課題研究」

実際に起業するときのビジネスプランや、企業に対する実態調査についての結果報告、企業診断を行ったうえでの改善プランなど、実務的な内容の研究成果を修士論文と同等に評価していこうというものです。