経済学部新着ニュース

2019年02月22日

経済学部准教授 赤羽淳が2018年度中小企業研究奨励賞を受賞しました。

経済学部准教授 赤羽淳と桜美林大学土屋勉男客員教授、桜美林大学井上隆一郎教授との共著『アジアローカル企業のイノベーション能力‐日本・タイ・中国のローカル2次サプライヤーの比較分析』(同友館)が第43回中小企業研究奨励賞(経済部門・準賞)を受賞しました。中小企業研究奨励賞は、商工中金の創立40周年を記念して昭和51年に創設された歴史と権威のある賞です。2018年度は合計96点の応募がありましたが、同著はアジアローカル企業に注目したユニークな視点と足掛け6年に渡る実態調査が評価されて、受賞に至りました。