経済学部新着ニュース

2014年09月18日

経済学部教授 黒須 詩子が2014年度日本昆虫学会学会賞を受賞しました

経済学部教授 黒須 詩子が、2014年9月14日(日)から16日(火)にかけて、広島大学で開催された日本昆虫学会第74回大会にて、日本昆虫学会学会賞を受賞しました。

受賞論文のタイトルは、“The aphid Ceratovacuna nekoashi (Hemiptera: Aphididae: Hormaphidinae) and its allied species in Korea, Japan and Taiwan”。内容は、韓国、日本、台湾のエゴノネコアシアブラムシの仲間が4種の近縁種からなるということを、DNAと形態を調べることによって明らかにしたもので、あわせてその生活環を解明したことが評価されたものと思われます。なお、この研究は、立正大学の青木重幸、産業技術総合研究所の沓掛磨也子と深津武馬、國立中興大學(台湾)の楊曼妙と謝宗叡、そしてEwha University (韓国)のJae C. Choeとの共同研究です。