経済学部新着ニュース

2014年07月25日

チュラロンコン大学(タイ)と機関間協定を締結しました

このたび、中央大学経済学部はチュラロンコン大学経済学部との協定締結に至り、相互の学生交流の実現へ向けて動き出しました。

タイ・バンコクにあるチュラロンコン大学は1917年にラーマ6世によって設立された、タイにおける最初の高等教育機関です。経済学部にはEBAプログラムという英語で授業が行われるコースが設置され、経済学関連のカリキュラムも充実しています。ASEAN地域でも経済的に中心的な役割を果たしているタイにおいて、両経済学部の学生が相互に交流し、教育を受ける機会ができることは、本学経済学部生にとっても大きな意味を持ちます。
チュラロンコン大学はバンコクの中心に広大なキャンパスを持ち、また緑も豊かで勉学に適した環境だと言えます。
新しい学生寮も竣工される予定となっており、本学経済学部からの積極的な派遣留学が期待されます。

(写真:調印式にて--左より、Somprawin副学部長・Chayodom経済学部長(チュラロンコン大学)、谷口経済学部長・長谷川聰哲教授(中央大学))



http://www.chula.ac.th/ チュラロンコン大学
http://www.eba.econ.chula.ac.th/ チュラロンコン大学経済学部 EBAプログラム