• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

商学部
木立真直ゼミナール国外実態調査報告書

訪問日時:2016年9月2日 16:00~18:00

訪問先:MUJI RETAIL (Thailand) Co., Ltd. 9th FL., ZEN World Tower, 4, 4/5 Rajdamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand

テーマ:MUJIの理念や経営方針、海外展開するうえでの障壁や戦略

ご対応者:MUJI RETAIL (Thailand) Co., Ltd. Managing Director 鴨狩明宏様

参加者:中央大学商学部木立ゼミナール3年生17名 教員1名 計18名

内容

最初に、株式会社良品計画の歴史と経営理念について伺った。無印良品は1991年に海外初店舗を香港、イギリスに出店し、一度撤退したもののその後は成長を続けている。現時点では国別にみると日本国内店舗数が一番多いが、数年後には国内店舗数と海外店舗数が逆転する見込みだという。MUJIのコンセプトは世界中に理解されており、そのコンセプト、理念を維持すための組織として、外部のデザイナイーで構成されたアドバイザリーボードという組織を本社に設置し、毎月1回、そのボードメンバーの4人と会社幹部が一堂に会するミーティングを開催している。また、近年では、高齢化、食生活の変化、シャッター通りが増えつつあることなど様々な問題点が浮かび上がっている中で、MUJIでは地球規模の視点をもって社会の未来を考えながらビジネスを展開している。world MUJI、found MUJI、素材の探求と生産者への環境の配慮、MUJI Laboratory for the living の4つを基本としてその対策に取り組んでおり、資源を有効活用する取り組みとして、Re-use、Re-MUJIといったことも進めている。

次に、タイMUJIの事業内容についてお聞きした。2006年にタイ最大の百貨店であるセントラル百貨店へのライセンス供与を行い、2006年11月にCentral Chidlom1号店をオープン。その後、2013年に同国内における無印良品事業強化のために、Central Department Store Limited 社と合弁会社を設立し、オペレーションを独立化し現在に至る。現在、同国内に14店舗を出店している。 タイではジョイントベンチャーを選択しつつ、そのマジョリティーを獲得することで、直営国同様のオペレーションに変更することで、MUJI本来の理念哲学やコンセプトを顧客に伝えやすくなった。JV設立後に最初に着手したことは、ブランディングに力を入れ、MUJIが現地のお客様からの信頼を高めることを念頭に業務を行った。まずは、本来のMUJIのコンセプトである価格の見直しに着手。産地からの直接仕入れ、特恵関税の推進などで原価見直しを行い、それを原資に価格見直しを行った。本来のMUJIコンセプトは「訳あって安い」なのに、実際は訳あって高くなってしまっていたためである。

これにより客単価は若干低下するも、客数を増やすことで利益確保を図っている。ワークショップを開催したり、お客さまの生の声を聞くことにも注力している。また、出店もブランディングの一つととらえ、いままで百貨店内の店舗ばかりで客層も限定されていたが、客層の幅の広いモール内への出店を強化し、認知度を高める対応をとっている。また、店舗の社員もMUJIの社員に切り替えることで、オペレーションを直営店に近いものとし、より早いテンポで現地事業が拡大していくと見込んでいる。MUJIは商品を通じて、MUJIの理念をお客様に共感し理解してもらうことに重点を置いている。「これがいい」よりも、むしろ「これでいい」というライフスタイルの基本理念に基づいて、地球規模の商品を作り出していくことが大切である、とのことだった。

プレゼンの最後に、学生からの質問に丁寧に回答していただいた。タイの店舗では食品が少なかったが、食品は輸入規制が厳しく日本国内でもそれに応える供給体制が十分整ってない面もあるため、今後改善すべき課題があるということだった。また、MUJIのコンセプトを崩さないため、効率重視にならず、基本の品揃えを行い、ブランドコンセプトを意識した対応を行っているということだった。

今回の企業調査を通して、商品や様々な活動を通じてMUJIの理念、コンセプトを伝えることを重視している戦略や、実際に店舗を見学し、タイ事業においても標準化戦略を採用していることを体感できた。この経験を活かして今後のゼミ活動において日系企業の海外戦略の研究なども行っていきたい。

なお、鴨狩明宏様には、ご多用中にもかかわらず、本報告書の最終確認と修正についてご協力を賜りました。この点、心からお礼申し上げます。

(文責:河野里紗)

MUJI鴨狩様からのプレゼンテーション

MUJI鴨狩様からのプレゼンテーション
MUJI鴨狩様からのプレゼンテーション