法学研究科修了生の声

法学研究科博士課程前期課程 民事法専攻 2020年3月修了
村田 一馬さん

研究のための手厚いサポート

私は、主に成年後見法・信託法の研究を中心に行い、修士論文では福祉型信託の受託者の義務について執筆しました。私が在学中に感じた本研究科の最大の魅力は、先生方との距離感でした。もちろん、図書館や共同研究室、大学院事務室など、個人で研究を行うための充実した機能・制度が整っています。しかし、個人の勉学のみで必ずしも研究が完成するとは限りません。その点、本研究科では先生方をはじめ、専門的知識を有する様々な方と近い距離で議論を重ねることができるので、よりよい研究成果をあげることが可能であると私は考えます。

法学研究科博士課程後期課程 民事法専攻 2020年3月修了
福田 智子さん

恵まれた環境がゴール到達へ

博士後期課程のゴールが博士学位取得にあるとすれば、私がそのゴールにたどり着くことが出来たのは、多くの書籍や論文を読み、日々、論文の執筆に励むだけでなく、大学院の授業での熱い議論、所属する学会や学外の研究会や講演会への参加、そしてミュンヘン大学への短期留学などを通じ、指導教授はじめ国内外の数多くの先生方からの指導や友人からの刺激があったからだと思います。そして、そのような恵まれた環境(指導熱心な先生方、研究に集中できる設備やサポート体制、留学の機会)が中央大学にあったからこそ、私は夢を実現することができました。