法学研究科研究科・専攻を超えた共通科目で切磋琢磨

他の専攻分野の授業科目も学べるよう、共通科目を設けていることも大きな特長で、共通科目は各専攻分野における基本的な科目、学生に学んでほしい科目を中心に構成されています。その他、自分の所属以外の専攻、研究科の選択履修も10単位を上限に認められているなど、柔軟なカリキュラムの運用が図られています。
さらに、特別聴講学生制度により、他の大学院の授業科目を履修することも可能となっています。