理工学部

理工学部教授 小松晃之の「人工血液ヘモアクト」が雑誌『Tarzan』に掲載されました

2022年05月31日

 

理工学部教授 小松晃之の「人工血液ヘモアクト」が2022年5月26日発売の雑誌『Tarzan』(834号)に掲載されました。

『Tarzan』834号の特集は「強い血管、巡る血流」となっており、血管、血流にいいこと等が紹介されているほか、実用化が期待されている「人工血液」についても取り上げられており、小松教授の研究内容が掲載されております。
 

興味のある方はぜひご覧ください。