理工学部新着ニュース

2013年06月10日

中央大学理工学部人間総合理工学科 設立記念講演会ならび祝賀パーティーを実施しました

2013年6月8日(土)に理工学部の10番目の学科として2013年4月に新設した「人間総合理工学科」の設立記念講演会ならび祝賀パーティーを実施しました。

理工学部人間総合理工学科は、「人間」をキーワードとし、「人間の心と体」「人間と自然の共生」に関わる総合科学について、分野横断的に学ぶ、新しい学問領域の学科です。自然科学や産業技術に関する幅広い理工学の共通基盤となる科目に加え、人間に関する環境・健康・生活に関わる科目を学ぶことができ、総合理工学の創出をめざしています。

記念講演会では、人間総合理工学科の学生をはじめ、100名以上の方が参加しました。丹保憲仁氏、元村有希子氏より、この新しい総合理工学の創出にふさわしい講演があり、参列した学生達にとっても、これからの理工学の在り方、学生自身の将来を考えていくうえで、意義深い講演会となりました。
また、祝賀パーティーでは多くの関係者からの参加があり、終始和やかな雰囲気で行われました。

今後とも、教職員一同、人間総合理工学科の更なる発展を目指していきます。

実施内容は以下の通りです。
---------------------------------------------------------------------------
■設立記念講演会 14:00~後楽園キャンパス3号館小ホール
1.開会
2.挨拶 理工学部長 石井洋一
3.講演
○丹保憲仁氏(地方独立行政法人北海道立総合研究機構 理事長)
演題「近代の終わる頃」 ~後近代における総合理工学の役割~
○元村有希子氏(毎日新聞社科学環境部記者)
演題「これからの科学技術分野に求められる人材」
4.閉会

■祝賀パーティー 17:00~後楽園キャンパス3号館10階
1.開会
2.挨拶
中央大学 学長 福原 紀彦
文京区長 成澤 廣修氏
3.乾杯
日本医科大学学長 田尻 孝氏
-ご歓談-
4.人間総合理工学科教員紹介
-ご歓談-
5.閉会
学校法人中央大学総長職務代行
常任理事 遠山 曉
----------------------------------------------------------------------------