総合政策学部新着ニュース

2017年10月16日

総合政策学部 松野良一ゼミが、日本外国特派員協会が主催する「ジャーナリズム奨学金」の写真部門で第1位を受賞しました

松野ゼミを代表して授賞式に参加した
国際政策文化学科 3年 會田野乃花さん(左)と
政策科学科 3年 渡邉七海さん(右)

2017年9月11日、日本外国特派員協会が主催するジャーナリズム奨学金「The Swadesh DeRoy Scholarship(スワデシュ・デロイ奨学金) 」の授賞式が行われ、中央大学 松野良一ゼミが、Photo(写真)部門で第1位を受賞しました。今回受賞した「日本全国B29慰霊碑物語」では、太平洋戦争中に日本全国に墜落した米軍爆撃機B29の慰霊碑を巡り、取材内容をまとめました。

 

「全国にB29慰霊碑はどれくらいあるのだろうか」「なぜ敵兵を弔ったのか」。学生たちは、それらの疑問を解決すべく、全国各地の慰霊碑がある場所を訪れ、関係者に取材を行いました。14か所で行った取材内容は、『中央評論』第299号 特集「日本全国B29慰霊碑物語」(出版元=中央大学出版部)として出版されています。

 

現在、全国に少なくとも30か所の慰霊碑があると言われています。受賞者に送られる奨学金は、今後の調査費用に充てる予定です。

 

 

“The story of B-29 cenotaphs all over Japan”

受賞作品「日本全国B29慰霊碑物語」の一部をご紹介します。

 

This cenotaph is at the Hachimenyama Park in Nakatsushi, Oita prefecture. Mourning for dead U.S. soldiers started and a memorial pillar in 1946. However, the existence of this pillar was gradually forgotten. Sodo Yamamoto thought this situation so bad. So he established this park in 1970. Now Zenjiro Kiyomoto maintains this park. He said that this park would not exist without the cooperation with local folks in Nakatsushi. The memorial service in Nakatsushi will be 50th anniversary. It is rare that a memorial service continues for such a long time. Mr. Kiyomoto wishes people will never forget this park and the existence of the dead Japanese and U.S. soldiers now and forever.

Following question motivated us to start this project. “How many cenotaphs which mourns for dead U.S. soldiers? ” “Why do Japanese mourn for dead U.S. soldiers who were called brutal U.S. army? ” In this project, we found that there are over 30 cenotaphs which mourns for the dead Japanese and U.S. soldiers. This time, we interviewed over 20 people. Among them, there are people who was born after World War Ⅱ. Many of them who we interviewed said, “After the war finished, we became same human. We became no mutual enemy. So that is why we mourn for them.” The answer lies in Japanese spirits.

【お問い合わせ】
中央大学総合政策学部 松野良一研究室
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
TEL. 042-674-4169

MAIL :matsuno◎fps.chuo-u.ac.jp 

◎を@に変えて送信してください。