学部・大学院・専門職大学院

政策科学科

政治、法律、経済に関する科目を学び、あわせて文化的背景とも向き合いながら政策の提言をめざす。

政策科学科では、政治、法律、経済に関する科目を多く設置しています。社会科学の視点から、諸問題に多面的にアプローチします。併せて国際政策文化学科設置の科目も履修することで、背後にある文化と向き合い、さまざまな価値観をふまえたうえで解決策を提案できる能力を身につけます。

ゼミのテーマ(一例)

  • 政治心理学・政治行動論
  • 犯罪法/犯罪政策
  • コーポレート・ガバナンスと企業経営
  • 自然災害と都市防災
  • ヨーロッパ統合論、EU法政策、比較国際組織法
  • 地球規模課題とNGO
  • インターネット経済の分析
  • 国際金融と金融政策における理論と実践
  • 憲法・情報法における判例研究

学びの目標

  1. 時代の課題を発見し解決の道筋を描く、広い知的体系を獲得
  2. 政策の立案、検証、展開を担うための情報処理能力、数理解析力を養う
  3. 多言語社会理解のために、英語に加えもう一言語を学び、国際社会で活躍する可能性を拡げる