総合政策学部新着ニュース

2014年09月12日

FLP黒田ゼミが「多摩1キロフェス2014」(2014/9/20(土)・21(日)開催)をサポートします

中央大学FLP黒田ゼミが、パルテノン多摩で9/20(土)・21(日)に開催される「多摩1キロフェス」をサポートします。「多摩1キロフェス」は市民参加型の「遊びのお祭り」です。ぜひ遊びに来てください!

中央大学FLP地域・公共マネジメントプログラム黒田ゼミは、総合政策学部教授 黒田絵美子が指導教授を務める全学横断型のゼミナールです。「地域文化振興の実践」をテーマに、演劇や映画、音楽、古典芸能などを通した地域文化振興フィールドワークに励んでいます。

今回のFLP黒田ゼミによる「多摩1キロフェス」のサポートの様子は、特設Facebookのレポートをご覧ください。

 

多摩1キロフェスとは
2013年より始まったパルテノン多摩を中心とした多摩ニュータウンを大きな劇場と捉え、演劇、ダンス、メディアアートなどが楽しめる体感型フェスティバルです。
第一回目となる昨年は、茂山童司・及川健らが出演した水上ステージを中心に、体験できる展覧会、市民参加のパレード、明和電機や WRECKING CREW ORCHESTRA が出演した大ホールステージなどが実施され、最後は階段に映像を映し出して、大階段全体をライブハウスのようにした DE DE MOUSE のライブで幕を閉じました。
「多摩1キロフェス」は、緑と水に恵まれた野外で、多様なジャンルのアートが出会い、多くの人々が様々な形で楽しむ「遊びの日」です。ここでしか体験できない、街の魅力を活かした驚きと発見の一日を楽しんでください。

会場:パルテノン多摩、パルテノン大通り~多摩中央公園1キロのエリア
 

(多摩1キロフェス2014 ウェブサイトから転載)