国際情報学部新着ニュース

2019年10月02日

国際情報学部長・教授 平野晋の著書『ロボット法』の増補版が出版されました

国際情報学部長・教授 平野晋の専門分野はアメリカ法、製造物責任法です。

2017年11月に発刊された平野晋の著書『ロボット法』は、ロボット法における日本初の体系的単著であると評されており、好評につき、最新情報を盛り込んだ増補版が2019年10月発刊の運びとなりましたので、ご案内いたします。

 

【タイトル】ロボット法 ~AIとヒトの共生にむけて~(増補版)

【著者】平野 晋

【出版社】弘文堂

【ISBN】9784335357879

 

【内容紹介】

本書の初版は、「ロボット法の必要性」、「ロボット工学3原則」、「ロボットの起源と文化」、「ロボットの定義と特徴」、「ロボットの種類とその法的問題」、「ロボット法の核心」、「ロボットが感情を持つとき」から構成されていましたが、今回の増補版では新たに、

「ロボット法のゆくえ ~AI原則をめぐる日本と世界の動向~」

が書き下ろされ、著者が起案に参画した「OECD(経済協力開発機構)AI原則」の概要を紹介するとともに、同AI原則に影響を与えて、同様に著者が参画した内閣府「人間中心のAI社会原則」や総務省「AI利活用原則」の概要も紹介しています(OECDのAI原則等についてはこちらをご覧ください)。

SF映画作品とロボット法との関わりも論じている本書の増補版では、初版に収録されていた名画の写真に加えて新たに、例えば以下の作品の写真も加わりました。

・「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」のアニメ版(松竹,1995年)に登場する草薙素子少佐と、その実写版である「Ghost in the Shell」(Paramount Pictures,2017年)に登場する、素子少佐を演じるスカーレット・ヨハンソンの写真

・「ブレードランナー2049」(Warner Bros.,2017年)に登場する、ライアン・ゴズリング演じるレプリカント「K」の写真

・「アイ・イン・ザ・スカイ:世界一安全な戦場」(Entertainment One Films,2016年)に登場する、ヘレン・ミレン演じるパウエル大佐操るドローン偵察攻撃機「MQ-9リーバー」の写真

・海外ドラマ「24:リブ・アナザー・デイ」(Fox,2014年)に登場する、キーファー・サザーランド演じるジャック・バウアーのポスター写真

これらの写真を通じて著者は、〈ヒトがヒトたること〉の意義、〈国際人道法〉上のジレンマ問題、及び〈ロボット兵器〉のセキュリティ問題等を論じ、「法と文学/法と映画研究」の手法を用いた学際的分析をさらに深化させています。

法学研究の域を超えて、文理の隔てなく広く読者の興味を掻き立てる一冊です。