• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

商学部
菅野ゼミ 見学調査

授業科目:演習Ⅰ・Ⅱ
調査日:2016年12月7日
参加学生数:8名
調査先:江崎グリコ株式会社 グリコピア・イースト

調査報告

本演習の目的は、企業が市場で成功する商品を開発するためのマネジメント上の重要な要因やメカニズムを探求することである。今回の見学調査では、江崎グリコ株式会社の工場(グリコピア・イースト) を訪れ、菓子製品の製造ラインを見学すると同時に、江崎グリコにおける営業及び販売促進戦略がどのように行われているのかについて調査を行った。
まず、工場の見学においては、ポッキ やプリッツの製造ラインを実際に見学することで、原料の加工、製造、裁断、梱包に至るまでの一連の流れを理解することができた。また、企業や商品の概要に関わる展示を見ながら社員の方から説明していただき、江崎グリコの創業からの歴史や商品開発の変遷を詳しく知ることができた。
次に、工場内を見学した後、営業担当の方からお話をうかがった。ここでは、江崎グリコならではの小売店向けの営業方法や、近年話題になった販売促進キャンペーンである 「シェアハピ」 の企画意図や普及戦略について詳しいお話を聴くことができた。
ポッキ一、プリッツをはじめとして、ロングセラーとなっている商品を数多く抱えていることが、江崎グリコの大きな特徴の1つとして挙げられるが、ロングセラー商品であっても、環境の変化に合わせて持続的に品質を改良したり、新しい販売促進を仕掛けることで、常に新鮮さを維持する努力が行われていることを学ぶことができた。