• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

商学部
木立 真直 ゼミ 国外実態調査報告

・訪問日時:2015年9月16日(水) 6:00~8:30

・訪問先:エピング卸売市場 Epping Wholesale Marketメルボルン オーストラリア

・ご対応者:Ms.Jan Claire様 (Tour Operator)
Mr. John Roach (Executive Director, Fresh Markets Australia)

・参加者:商学部木立ゼミナール3年生13名 教員1名 計14名

内容

 市場案内担当のClaire様から、まず初めに今年の8月にメルボルンにあった卸売市場から、今回、訪問させていただいたエピング卸売市場に移った理由についてご説明していただいた。その後、市場内を順番に案内していただき、案内の途中に、市場で販売をされている卸売業者の方からお話をお伺いしたり、実際にその商品を試食させていただいたりもした。訪問した卸売業者の中には、現地の方であってもなかなか手に入れることが難しく、かつ名前さえも知られていない珍しい果物や、高級な果物を取り扱っている卸店舗もあった。一通り市場内を案内していただいた後に市場内のカフェで、フレッシュ・マーケット・王ストラリアの責任者であるRoach様がお見えになり、エピング市場についてのプレゼンテーションをしてくださり、学生からの質問にもご丁寧に回答していただいた。
 エピング市場は、消費者向けに営業している市場ではなく、レストランやスーパーといったような事業者向けに営業している、いわばB to Bの流通市場である。こうした一般の消費者が通常、入ることができない卸売市場内を見学し、お話を伺ったことは、商学部で学ぶ私達にとって貴重な経験となった。とくに、Claire様には、市場内を案内していただいている最中に、学生からの質問に対して快くご丁寧に回答してくださり、私達にとって多くの知識を得る機会となった。

市場内にて卸売業者の方と店舗前にて

市場内にて卸売業者の方と店舗前にて

卸売業者の担当者の方からのご説明

卸売業者の担当者の方からのご説明