• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

商学部
潮 清孝ゼミ合同ゼミ報告

授業科目名:演習Ⅰ
参加人数:3年生1名
日時:2015年6月20日~6月21日
訪問先名称:会計教育ワークショップ+

合同ゼミ報告

福岡大学、西南学院大学、近畿大学、名城大学、東義大学(韓国)との合同ワークショップに参加した。各大学が最新の会計教育に関する取り組みを紹介し、新たな会計教育の在り方および各大学の取り組み内容について理解を深めることができた。本学からの参加者である今井君も、20分程度の報告および質疑応答を、英語で実施した。
今井君が報告したのは、投資家という立場からみた企業分析であった。具体的には、国内大手自動車メーカー8社を取り上げ、いわゆる成長投資やPERやPBRなどの株価水準関する指標などを駆使し、どの企業が最も投資に適しているかについて、分析を行った。
このような取り組みは、報告当日はもちろんのこと、その準備にいたる過程において、大きな教育効果を得られると考えられる。今回の報告に当たっても、演習が始まった直後の4月中旬頃から、他のゼミ生とともに分析や報告を繰り返し、準備を行ってきた。その過程で、自分自身の知識の不足箇所を認識し、当該個所に関する調査を、積極的に実施している姿を見ることができた。
ゼミ内や学内でのプレゼンテーションなどの機会も重要であるが、今回のように、多くの他学生の前でのプレゼン、さらには今回については他国の学生がいる、という緊張感があるからこそ、より真剣に取り組むことができるのであろうと、改めて感じた。
是非、このような、学生の学習を後押しする機会を、継続的に作っていきたい。