経済学研究科豊富な実績を持つ研究者養成

次代を担う研究者の養成は、本研究科が創設以来、主眼としてきた教育目標です。その結果、博士後期課程を経て、教員として全国の大学に在籍する研究者を多数輩出してきました。現在は、研究者を目指す学生のために、博士前期課程に「研究者コース」を設置し、博士後期課程の指導体制との連携を強化しています。この連携により、実質的には5年間にわたる連続的な指導プロセスを経て、学位取得が可能な教育体制を整えました。