総合政策学部新着ニュース

2021年01月22日

2021年度総合政策学部における授業実施に関する基本方針について

2021年1月22日

 

在学生および2021年度入学予定の皆さま

 

総合政策学部長 青木英孝

 

2021年度総合政策学部における授業実施に関する基本方針について

 

 総合政策学部在学生の皆様、そして2021年度に総合政策学部へ入学される皆様へ、2021年度の授業実施方針についてご説明いたします。これは、昨年12月に中央大学学長から示された全学方針に基づき、総合政策学部の特性を考慮して教室設備の改修を実施し開講科目を検討した方針です。

 

基本方針

  • 総合政策学部では、多くの学生、とくにキャンパスライフを体験していない1・2年生がキャンパスで学びの機会を得られるよう、語学科目・演習(ゼミ)科目・体育科目については対面式で、講義科目については原則オンライン形式で、授業を実施します。

 

 ※ 対面式授業を実施する場合は、通学できない学生(本人の基礎疾患や高齢者同居世帯など)に

   配慮し、オンライン形式を併用するハイブリッド型の授業を実施します。

 ※ 対面式授業を実施する場合は、アルコール消毒液の設置や教室内の換気、教室定員の制限

   (50%上限)など、3密回避の感染防止対策を徹底します。

 

基本方針に至った背景

 

 2020年度中に、総合政策学部では2021年度授業実施に向けて大規模な教室設備への投資を行い、授業配信設備を多くの教室に導入しました。これにより、上記の通り一部の科目については対面式とオンライン形式の併用が可能となりました。しかし、文部科学省の示す教室内での身体的距離を確保するためには、学部および中央大学全体の教室数や、身体的距離を確保した場合の教室収容定員数の問題から、全科目を対面式授業やハイブリッド型授業で実施することは難しく、科目の特性と教育効果について検討した結果、上記の方針となりました。

 

但し、世間の新型コロナウイルス感染状況によっては、方針見直しの可能性があります。そのような場合は、速やかに大学・学部のホームページや学部公式twitter(@chuo_fps_1993でお知らせします。