総合政策学部新着ニュース

2019年03月22日

総合政策学部教授 実積寿也が共著『大災害と情報・メディア』を刊行しました

総合政策学部教授 実積寿也(じつづみ としや)の専門は、通信政策、通信経済学、インターネット政策です。このたび、 実積が執筆に参加した書籍『大災害と情報・メディア』が出版されましたのでご案内します。

これは早稲田大学「通信とメディアが大災害からの復興と地域社会の再興に果たす役割の解明」プロジェクトの一環として2013年から研究が続けられてきたものをまとめたもので、実積は第2章「自治体公衆無線LANの有効活用戦略」を執筆しました。

【タイトル】 大災害と情報・メディア 
        レジリエンスの向上と地域社会の再興に向けて 

【編著】 三友仁志

【著者】 三友仁志、実積寿也ほか9名

【出版社】 勁草書房 

【ISBN】  978‐4‐326‐50457‐2