総合政策学部新着ニュース

2018年03月22日

総合政策学部教授 目加田説子がノーベル平和賞受賞ICANのフィン事務局長にインタビューを行いました

総合政策学部教授 目加田説子の専門分野は、国際政治学、NGO論です。

 

目加田は、昨年ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が、長崎大学の招聘により2018年1月に来日した際、インタビューを行いました。

 

インタビューは、長崎大学核兵器廃絶研究センターの要請により行われ、同センター編集の学術誌”Journal for Peace and Nuclear Disarmament”(『平和と核軍縮』)に掲載されています。この学術誌の記事・論文は、同研究センターの核廃絶への思いに基づき、テイラー&フランシス社(英国)からオンラインで刊行されています。同社のウェブサイトより、無料で全文を閲覧することができます。

http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/j-pand/img/top/cover_00.jpg【2018年3月13日 テイラー&フランシス社 Taylor and Francis Online】

“Journal for Peace and Nuclear Disarmament”

How transnational civil society realized the ban Treaty:

An interview with Beatrice Fihn

国際学術雑誌『平和と核軍縮』

国境を超える市民社会はいかにして核兵器禁止条約を実現したか:

ベアトリス・フィン氏へのインタビュー(目加田説子)