総合政策学部新着ニュース

2017年03月16日

総合政策学部教授・平野晋が幹事/分科会長を務める総務省有識者会議の活動が『日経Robotics』で紹介されました

 総務省「AIネットワーク社会推進会議」の幹事、および「開発原則分科会」の会長を務めている平野晋の活動が(*1)、『日経Robotics』で紹介されました。

 同会議と分科会は、人工知能の開発・利活用が人々に及ぼすかもしれない危険性を極小化しつつ便益の極大化に資する為の原則(AI開発原則)作りを行っております。この、日本が構築中のAI開発原則を、欧米等の世界にも採用してもらう為の総務省・日本政府の諸活動の一環として、平野晋は同原則の講演をパリの「経済協力開発機構」(OECD)や(*2)、ワシントンD.C.の「カーネギー国際平和財団」において(*3)行って参りました。

 以上の平野晋の活動が、『日経Robotics』で紹介されました。

 

【誌名】『日経Robotics』2017年3月(第20号)21頁

【発行】 日経BP社                                                                                                               

(*1) 総務省「AIネットワーク社会推進会議」および「開発原則分科会」については

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/ai_network/

(最終アクセス2017年3月16日)参照。

(*2) パリの「経済協力開発機構」(OECD)における平野晋の講演については、新着ニュース〈/academics/faculties/policystudies/news/2016/11/49945/

(最終アクセス2017年3月16日)参照。

(*3) 「カーネギー国際平和財団」における平野晋の講演については、新着ニュース〈/academics/faculties/policystudies/news/2017/01/51916/

(最終アクセス2017年3月16日)参照。