父母連絡会新着ニュース

2019年11月11日

【栃木県支部】第96回箱根駅伝予選会応援

 「第10位、、」張り詰めた静寂の後に「中央大学!」待望のアナウンス。中大駅伝部を応援する一団の大歓声が天高く響き渡る。そして、安堵の柔らかな雰囲気に包まれた。令和元年10月26日(土)国営昭和記念公園にて第96回箱根駅伝予選会が開催され、栃木県から貸切バスで応援に駆け付けた参加者は20名。
 (年号が変わる国家的行事開催のため)例年より一週間遅く開催されたにもかかわらず、観戦者も日焼けするほどの日差し。防寒対策として役立つはずのマフラータオルは、もはや汗拭きタオル。このような過酷な天候の中43校500人以上の選手が1秒を争う激走。切符はわずか10枚。「中大頑張れ!ファイト!」我が子ではない子に、我が子に掛ける以上のエールを送らずにはいられない。
 駅伝戦国時代と言われる今、中央大学は大正・昭和・平成から令和へと伝統の襷を繋げた。この素晴らしい瞬間に立ち会えたことが心の底から嬉しくてたまらない。
 嬉しい事は続くもので、テレビ中継ゲストの堀尾謙介さん(中大OB・トヨタ自動車)との記念撮影という幸運。
言うまでもなく、その後の食事会は大いに盛り上がり興奮冷めやらぬままの帰路と相成りました。