• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ビジネススクール
科目等履修生・科目等履修生(履修証明プログラム)

特徴

中央大学ビジネススクールMBAプログラムでは、科目等履修生を以下の要領で募集します。
科目等履修生とは、大学院に正規に入学をしなくても、所定の手続きを経て受講を許可された方のことを指します。科目等履修生は、特定の科目について履修し、単位の認定を受けることができます。

概要

科目等履修生は、中央大学ビジネススクールMBAプログラムにて開講されている「入門科目」および「専門選択」を1科目から受講できます。
また、2018年度より開設された「履修証明プログラム」を履修する科目等履修生(履修証明プログラム)は、「入門科目」および「専門選択」の枠にこだわらず指定された科目の履修が可能です。
募集はセメスター単位で年2回実施しますので、忙しい社会人の皆様にも無理なくスケジュールが立てられるような制度になっております。
募集概要については、以下のとおりです。

在籍期間 2018年度前期(2018年4月1日~2018年9月20日)
2018年度後期(2018年9月21日~2019年3月31日)
※在籍許可は、セメスター毎となります。2018年度前期に在籍した方が2018年度後期に在籍を希望する場合は、2018年8月下旬に継続の手続を行う必要があります。
募集時期 募集は、セメスター(半年)単位で行います。
応募資格 以下の(1)~(3)のすべてに該当する方
(1) 中央大学大学院の在学生以外の方
(2) 大学以上を卒業した方
(3) 科目等履修生として在籍開始時に2年以上の就業経験を有する方
履修上限 半期につき、12単位(6科目)の履修を上限とします。
履修可能科目 科目等履修生は、カリキュラムにおける「入門科目」および「専門選択」からお選びいただけます。
科目等履修生(履修証明プログラムは、指定された科目からお選びいただけます。※「入門科目」および「専門選択」であっても指定外の科目はお選びできません。
履修料等 審査料 11,000円
登録手数料 10,000円
科目履修料 1単位34,000円
※本研究科において、通常1科目は2単位となっておりますので、1科目(90分×15コマ)の科目履修料は、68,000円(34,000円×2単位)となります。
※科目等履修生として単位を修得した後、中央大学ビジネススクールに入学した場合、修得単位に応じた科目履修料相当額を給付奨学金として給付いたします。例えば、1科目(2単位)修得済なら、68,000円(2単位×34,000円)を給付いたします。これは、入学試験成績上位およそ80%(入学定員内)までの学生に適用されます。
※入学試験において優秀な成績を修めた方(成績上位50%目途)は、科目履修料相当額に加え、別途30万円の給付奨学金を受けられる場合があります。
出願期間 ■2018年度前期
2018年2月7日(水)~3月13日(火)※締切当日消印有効
■2018年度後期
2018年8月1日(水)~8月28日(火)※締切当日消印有効
面接審査 ■2018年度前期
2018年3月24日(土)
■2018年度後期
2018年9月8日(土)
審査方法 出願時に提出いただく書類および面接による審査を行います。

科目等履修生募集要項

必要に応じてダウンロードし、ご利用ください。

出願される方には、審査料振込用紙および出願用封筒等必要書類一式をお送りします。
ご希望の場合は、以下の資料請求お申込みフォームより、ご請求ください。

履修証明プログラム(科目等履修生)募集要項

中央大学ビジネススクールでは2017年度4月より履修証明プログラムを開始します。

【プログラム名称】
「IoTインダストリー4.0時代の戦略経営」

<履修証明プログラムとは>

平成19年の学校教育法の改正により、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校(以下「大学等」という。)における「履修証明制度」が創設され、12月26日より施行されました。
大学等においては、これまでも科目等履修生制度や公開講座等を活用して、その教育研究成果を社会へ提供する取組が行われてきたところですが、より積極的な社会貢献を促進するため、学生を対象とする学位プログラムの他に、社会人等の学生以外の者を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく履修証明書(Certificate)を交付できることとしました(法第105条等)。

文部科学省としては、各大学等においてこの制度を活用し、社会人等の多様なニーズに応じた様々な分野の学習機会が積極的に提供されることを期待しています。
また、履修証明プログラムを各種資格の取得と結び付けるなど、目的・内容に応じて職能団体や地方公共団体、企業等と連携した取組も期待しており、この履修証明制度は、教育機関等における学習成果を職業キャリア形成に活かす観点から、現在政府全体で検討・推進している「ジョブ・カード制度」においても、「職業能力証明書(ジョブ・カード・コア)(※首相官邸ウェブサイト)」として位置付けられています。

(文部科学省ホームページより一部抜粋)

参照URL「大学等の履修証明制度について」(文部科学省ウェブサイト)