• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

経済学部
経済学部長挨拶

中央大学経済学部長 篠原 正博

篠原 正博
中央大学経済学部長

1905年に設置された経済学部(当初名称は経済学科)は、1885年に創立された中央大学(当初名称は英吉利法律学校)の中にあって、2005年に100周年という節目を迎えています。それを機に、本学「建学の精神」である「實地應用ノ素ヲ養フ」という教育理念を基礎としつつも、情報化・国際化・少子高齢化・地方分権化・環境重視といった社会動向に積極的に対応すべく、科目再編成と学科名称の一部刷新により、経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科の4学科体制として再スタートを切り、進んできました。

4学科体制のもとでの体系的な学習を可能とすべく、各学科に2つずつ、計8つのクラスター科目群を配置しています。クラスターの名称、すなわちキーワードは、経済総合とヒューマンエコノミー(経済学科)、企業経済と経済情報(経済情報システム学科)、貿易・国際金融と経済開発(国際経済学科)、公共と環境(公共・環境経済学科)です。

クラスター制が経済系科目群の専門的学習を目指すのに対し、確固たる知識基盤の形成や健全な人間形成を目指すのが外国語、健康・スポーツ、総合教育の科目群です。こうした一連の科目を集中的かつ主体的に学習することで、コミュニケーション能力、論理的思考力、幅広い教養を身につけることができるだけでなく、先見性や問題の発見・解決能力などを獲得することができます。

経済学部が注力しているプロジェクトの一つに、多方面にわたる国際化推進とグローバル人材育成があります。たとえば、日中韓米における実地調査研究・国際交流、演習(ゼミナール)における海外研修、海外でのインターンシップ(就業体験)などを実施しています。さらに「演習科目」を基盤として、世界の各地域における環境問題や様々な課題について学生自身が調査、分析、改善のための提案を立案・プレゼンテーションの活動を行う経験をすることにより、社会に出た後にグローバル・リーダーとして活躍できる力をつけることを目指した「グローバル・リーダーズ・プログラム」も設置し、多くの学生がこれに取り組んでいます。また、これらと並行して、英語能力向上を目的とした英語授業やTOEICの無料受験、アジア発展地域への留学プログラム、留学に対する奨学金制度などが導入されています。学生による国際交流委員会の活躍による、留学生と日本人学生の交流も盛んです。

また、2015年度から1年生を対象として新たに設置したビジネス・プロジェクト講座は、社会の第一線で活躍する企業の方々を講師に招き、実際の社会(企業)が抱える課題を知り、企業側からのフィードバックを受けながら、チームで課題解決に取り組む授業です。そのプロセスの中で、実社会に触れると共に、社会で必要とされる「自ら考え行動する力」の育成を目的としています。本講座においての1年生の成長は目覚ましいものがあります。

こうした経済学部の科目群や各種プログラム・プロジェクトなどをうまく活用して、学生自身がキャリア形成につなげていってくれるものと期待しております。

中央大学経済学部長 篠原 正博