• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

総合政策研究科
三つの方針

  • 学位授与の方針
    (ディプロマ・ポリシー)
  • 教育課程編成・実施の方針
    (カリキュラム・ポリシー)
  • 入学者受け入れの方針
    (アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

総合政策研究科において養成する人材像

総合政策研究科は、本学の建学の精神である「實地應用ノ素ヲ養フ」に基づく実学教育の下で、多岐に渡る分野を総合する観点から、現代社会における政策に関する理論及び諸現象にかかわる高度な教育研究を行うことにより、学問、文化、宗教、国家、また産学官の境界など、固定化した既存の境界を越えて人々が行き来する"クロスボーダー社会"において、多彩な文化的視野に基づく法政策、公共政策、経営政策などの「政策研究」を専門分野として活躍できる人材、つまり「政策分析能力に優れ、異文化を理解できる人材」を養成することを目指しています。

具体的な「養成する人材像」は、以下のとおりです。

  • 既存の専門分野にとらわれることなく、学問を多方面に組み合わせる学際的なアプローチの研究を行い、現在社会が抱える諸問題の解決に貢献できる人。
  • 文化の異なる諸外国の価値観を理解し、国際的に第一戦で活躍できる人。
  • 現代社会の問題を理論的に整理し直し、理論的背景を持った政策・意志決定と提言を行うことができる人。
  • 企業活動が果たす役割や多岐に渡る技術革新の重要性を強く認識し、世の中に新たな価値の創造をもたらすことのできる経営を実践する人。
  • 複雑な社会構造を理解し、公正な価値判断を磨き、世界及び日本の状況と情報を理論的に掌握して未来を切り開く意識を構築し、国際貢献を行う人。

総合政策研究科を修了するにあたって備えるべき資質・能力

本研究科が養成する「政策分析能力に優れ、異文化を理解できる人材」には、現代社会の諸問題を考察する基礎となる幅広い学問分野を総合的に学び、広い視野から複眼的な理解ができる知識と能力が求められます。そのため、課程の修了にあたっては次のような資質・能力を身につけることが必要となります。

博士前期課程:人間の文化・社会の複雑な諸問題を深く、複眼的に理解し、その問題解決方法を提案できる総合政策能力
具体的には、①政策研究に必要な政策分野の基礎知識、②政策学領域および文化の諸領域に係る政策分析能力、③社会が抱える諸問題の解決方法を複眼的な思考で提案できる能力を必要とします。

博士後期課程:博士前期課程からさらに発展的に、総合的な政策対応ができるような高度な専門知識と実践能力
具体的には、博士前期課程で必要になる能力・資質に加え、実務に基づく問題解決志向的なアプローチに基づき、政策と文化を統合する「総合政策」という学問分野を開拓しうる高度な専門知識と能力を必要とします。

総合政策研究科の修了に必要な学習量と卒業要件

修士の学位は、本学大学院前期課程に2年以上在学し、設置されている授業科目のうち、研究基礎科目、研究発展科目、研究応用科目の中から18単位および研究応用科目「演習(総合政策セミナー)Ⅰ(1)~(4)・Ⅱ」12単位の30単位以上を修得の上、修士論文の審査及び最終試験に合格した者に与えられます。
博士の学位は、博士課程に5年(博士前期・修士課程を修了した者は2年の在学期間を含む)以上在学し、指導教授の担当する「特殊研究Ⅰ(1年次)」及び「特殊研究Ⅱ(2年次)」の合計8単位を修得の上、博士論文の審査及び最終試験に合格した者に対して与えられます。なお、博士論文の提出に際しては、査読付公表論文2本以上を出願資格とする「博士学位候補資格認定試験」に合格していることが必要です。

活躍することが期待される卒業後の進路

卒業後の進路として、以下のように想定しています。

  • 既存の専門領域における問題意識と基礎研究の成果をさらに深めると同時に、関連諸分野とのコラボレーションをはかって実際に応用し、あるいは複合的な視野に立った研究分野を開拓しつづけようとする人 ⇒ 教員・研究者(中・高等教育・研究機関、文系・理系・総合系のシンクタンク)など
  • 現代的な問題意識を論理的に整理しなおし、理論背景をもった政策・意思決定提言をおこなう能力を身につけ、組織・機関の構造改革を実行しようとする人 ⇒ 公務員・企業人・文化団体幹部など
  • 複層的な社会構造を理解し、公正な価値判断能力を磨き、世界および日本の状況と情報を論理的に掌握して未来を切り拓く意識構築をし、また国際貢献をしようとする人 ⇒ ジャーナリスト・国際機関職員・NPO/NGO幹部など
  • 日本語によって各界で活躍できる能力を磨こうとする留学生、総合政策研究にもとづく博士学位を取得しようとする留学生 ⇒ 日本国内の専門企業人・経営者・母国の公務員や研究者など

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

総合政策研究科において展開するカリキュラムの基本方針・構成

「政策分析能力に優れ、異文化を理解できる人材を養成」するという教育理念を実現するために、博士前期課程では、研究基礎科目、研究発展科目および研究応用科目を設置しています。これにより、研究方法論等の研究活動における基礎的な学修から、多岐に渡る専門分野の学修、そして2種類の演習科目を通じて研究テーマについてより深化した学修を行うことができます。このような体系的なカリキュラムを組むことで、課題に対して複合的視野からの政策的アプローチを行うことができる能力を育みます。
博士後期課程では、「法政策研究」「公共政策研究」「経営政策研究」「歴史文化研究」の4つを研究指導分野として設け、分野ごとに「特殊研究」を配置します。学生は「特殊研究」の履修を通じて指導教授とともに個別のテーマの研究を深化・体系化することに加え、自らの政策的主張を論文として世間に公表し続けることで、政策と文化を統合する学問分野の創造にかかわっていきます。

カリキュラムの体系性

  • 前期課程
    「研究基礎科目」:総合政策研究科の柱の一つである政策科学を中心として、政策研究に必要な、既存の専門領域において中核となる基礎理論を学び、政策的思考の基礎を修得するための科目です。
    「研究発展科目」:「研究基礎科目」で修得した基礎的な知識と専門知識と研究方法をもとに、学生が自身の専攻・研究テーマに関連した高度な専門性を持ち、より具体的な総合政策研究を行えるように導いていくための科目です。この「研究発展科目」には、「法政と経済」、「ビジネス政策」、「現代社会」、「文明と国家」、「アジアの歴史と文化」の5つの分野を置き、学生が複数の分野を履修することで、単一専攻に埋没せず、複眼的な価値観と方法論を基層として形成したうえで、高度な政策分析能力が培われるように配慮しています。
    「研究応用科目」:より高度な専門性に裏打ちされた実践的な政策分析能力を涵養することを主眼とした科目です。この「研究応用科目」には、学生が指導教員から修士学位論文に向けたインテンシヴな個別指導を受けるための「演習(総合政策セミナー)Ⅰ(1)~(4)」、さらに指導教員を含む複数教員から学位論文作成の厳格な指導を受ける「演習(総合政策セミナー)Ⅱ」を設けています。
    以上、3つの科目群を体系的に設置することにより、総合的な政策分析能力を修得できるように配慮しています。
  • 後期課程
    後期課程においては、「法政策研究」「公共政策研究」「経営政策研究」「歴史文化研究」の4つの研究分野について「特殊研究」を設置しています。
    学生は指導教授の担当する「特殊研究Ⅰ(1年次)」「特殊研究Ⅱ(2年次)」合計8単位を履修することとなります。

カリキュラムの特徴

総合政策研究科のカリキュラムの特徴は以下のようにまとめることができます。

  • 博士前期課程における研究基礎科目、研究発展科目、研究応用科目による体系的履修プログラム
  • 「演習(総合政策セミナー)Ⅱ」における複数教員による指導体制
  • 幅広い学問分野の融合による学際的研究の促進
  • 「博士学位候補資格認定試験制度」導入による研究指導体制の確立
  • 複数プロセスの設置による学位論文審査の厳格性

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

総合政策研究科の求める人材

【博士前期課程】

現代社会が直面する課題を正確に理解し、適切な解決策を創造するために不可欠な研究能力の育成と実務能力をステップアップさせるという教育目標・人材育成目標を掲げていることから、次のような学生の入学を希望しています。

  • 社会の問題について、広く興味を有している者
  • それらの諸問題の解決策を追究することを欲している者
  • 多角的なアプローチにより、既存のディスィプリンを刷新しうる柔軟な思考力と幅広い視野を持つ者
  • 論理的思考力に優れた者
【博士後期課程】

現代社会が直面する複雑な政策課題を正確に理解し、様々な事象を深く解明する者や、その適切な解決策の創造に関する研究能力を育成するという教育目標・人材育成目標を掲げていることから、次のような学生の入学を希望しています。

  • 国際的視野で人間や人間の歴史に興味を持ち、様々な事象について深くまで解明する意思を有している者
  • 複雑化した社会問題について広く興味を有し、それらの解決方策について深く研究する意思を有している者
  • 広く豊かな学識と多角的なアプローチを融合させ、既存のディスィプリンを刷新する政策提言を行うことができる者
  • 高度な専門知識または豊富な実務経験に基づく問題解決思考を持つ者

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

入学するにあたっては、以下の資質・能力を備えていることを求めています。

【博士前期課程】
  • 人間と人間の歴史に対する深い洞察力と高潔な倫理観、社会への献身性
  • 国際的協働を可能にする多元価値の受容性
  • 多角的アプローチを可能にする柔軟な思考力と問題発見能力
  • 論理的思考に基づく分析・総合力
  • 言語運用能力に基づくコミュニケーション能力、ファシリテーション能力
【博士後期課程】
  • 人間と人間の歴史に対する深い洞察力と高潔な倫理観、社会への献身性
  • 国際的協働を可能にする多元価値の受容性
  • 博士後期課程における高水準な研究を可能にする、多分野にわたる高度な専門知と、それに根差した創造的思考力と問題発見・解決能力
  • 博士後期課程における高水準な研究を可能にする言語運用能力とそれに基づくコミュニケーション能力、ファシリテーション能力