• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

法学部
法学部長挨拶

中央大学法学部長 星野 智

星野 智
中央大学法学部長

法学部は、1885年に英吉利法律学校として創設されて以来、とりわけ法学教育に力を入れてきました。法は、現代の私たちの日常生活にとって身近なものであり、私たちは朝起きて夜寝るまで知らず知らずのうちにさまざまな法的規制のもとで生活しています。たとえば水道、電気、ガスの供給から、通学や通勤におけるバスや電車の利用、ゴミの分別やリサイクル、受動喫煙防止やDV防止などに至るまで、私たちは法的な制約のなかで生活しています。このように私たちの生活のなかに法的規制が入り込んでいる社会の特徴を表現するものとして、「法化社会」という言葉があります。

また現代のグローバル化した社会においては、法的規制は国内だけでなくグローバルな場面にまで広がっており、そのような特徴をもった社会を「グローバルな法化社会」と呼んでいます。具体的にみますと、第二次世界大戦後に多くの国際条約が成立し、それらの領域は人権、環境、労働、貿易、生物多様性保護、消費者保護、会計基準、たばこ規制等にまで広がっており、世界中の多くの国々の人々がこれらの規制の下に置かれているといってもよいでしょう。さらに国際紛争については国際司法裁判所や国際刑事裁判所など国際裁判所で、あるいは世界貿易機関(WTO)では紛争解決機関(DSB)で取り扱われています。これらのことが「グローバルな法化社会」の特徴となっています。

法学部において養成したい人材像は、一言でいえば、地球的な視野に立った法的問題意識と法的問題解決能力、すなわち「グローバルなリーガルマインド」を身につけた人材ということです。そして法学部を卒業するにあたっては、「グローバルな法化社会」を読み解くことができる基礎的な法律的・政治的な専門知識と、自立した地球市民として必要な批判的・創造的な考え方ができる資質と能力をもつこと、このことを大きな目標にしております。そのためには法律や政治などの基本的な知識に加えて、外国語の能力や実践的な能力が必要であります。このことから法学部では、独自の留学プログラム、さまざまなインターンシップ(国際、行政、NPO・NGO、法務)の授業科目としての開講、やる気応援奨学金を利用した活動(留学等)への支援を用意しています。

法学部の3学科の卒業後の進路としては、まず法律学科においては、法曹、公共法務、企業という3つのコースのうちの1つでの学修を終えたのち、法科大学院進学後に法曹資格を取得して法律家として活動し、また公務員として、あるいは民間企業で法律の知識を生かして活動することなどが期待されます。つぎに国際企業関係法学科においては、外交官や外務省専門調査員、国際企業の法務部門、商社などで活動することが期待されます。そして政治学科においては、公共政策、地域創造、国際政治、メディアという4つのコースのうちの1つでの学修を終えたのち、公務員、NGO・NPOの専門スタッフ、ジャーナリスト、民間企業のビジネスパーソンなどでの活動が期待されます。

法学部だからといって、すべての学生が法曹をめざしているわけでありません。卒業生は、法律家はもとより、公務員、教員、ジャーナリスト、企業人、小説家、芸能人、スポーツ選手など多様な分野で活躍しています。しかし、法学部で養われた「グローバルなリーガルマインド」は、どの分野で活躍するに際しても役立つ能力であることは確かです。

お問い合わせ

法学部

〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1


042-674-3111


各学部の入試に関するお問い合わせは入試課

042-674-2121

まで、お問い合わせください。


  • お問い合わせはこちら
  • 受験生ナビ Connect Web
  • 高校生からの法学入門
  • 授業支援システムmanaba
  • C plus
  • 全学メール
  • 教員紹介研究者情報データベース(法学部)
  • 法学部ガイダンス
  • 法学部文献情報センター
  • 法科大学院(法務研究科)
  • 法学研究科
  • 法律家になろう
  • シラバス(講義要項)
  • 学びの回廊
  • 証明書の申請について