• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

文学研究科
文学研究科委員長挨拶

ゆっくりと・やわらかく・深く、“智”をともに創ることへの誘い

文学研究科委員長 新原 道信

新原 道信
文学研究科委員長

文学研究科は、13専攻(国文学、英文学、独文学、仏文学、中国言語文化、日本史学、東洋史学、西洋史学、哲学、社会学、社会情報学、教育学、心理学)からなる総合的な研究科です。複数の研究領域(専攻)、複数の言語・文化・地域等に通じた専任教員により、人文科学系から社会科学系の学問分野を網羅し、一部には理科系に近い分野も含みます。哲学・文学などの人類最古からの学問分野もあれば、社会情報学などの最先端の学問分野もあります。「研究者養成」と「高度専門職業人養成」の二つを目標にしており、「研究者養成」では、文学研究科全体で既に200人近い人たちが博士号を取得し、多くのひとが研究者として活躍しています。「高度専門職業人養成」では、教員・企業・公務員その他の多彩な分野に毎年多くの人材を輩出しています。

本研究科の根幹にあるのは、これからの社会にこそ必要な〈教養〉、すなわち、現代の人間と社会が抱える諸問題に対して、古典から学び、創造的活動を重視することで、新たな問いを立てる力、問題の本質を洞察し概念化する“責任/応答力”と“想像力/創造力”の養成です。いま、このような場で学ぶことには、いかなる意味があるのでしょうか。

「3.11」以降の社会を生きる私たちは、いわば“見知らぬ明日(unfathomed future)”に対面し続けています。諸科学は、とりわけ汚染水に象徴される処理困難な問題(社会の複雑性がもたらすリスク)に十分応えきれず、「問題解決」の困難が増大しています。いま求められているのは、問題のなかに予め答えが含まれているような「問題解決」にとどまらず、既存の領域を横断して新たな問いを立てる総合的な“智”です。文学研究科は、時代の変化に追随するのではなく、時代が変わっても通用する学問を学ぶ場――あるときは「時代おくれ」と見えても、あるときは「時流」を突破・横断し、先端に飛び出していく可能性を持つ、本格的な学問に根ざした〈教養〉の場――と成り続けることを存在意義としています。このような考えから、いま私たちは、文学部の「総合教育改革」とも連動するかたちで、これまで各専攻が学問的に蓄積してきた〈縦軸〉の知を有機的に結びつけるための「領域横断的な智の在り方」にむけての改革に着手し始めています。

エルサレム・パレスチナからニューヨークへという生の軌跡(roots and route)を持つ知識人E.サイードは、「いま大学は、国や政府のコンサルタントとなる専門家を生産してしまっているが、しかしそれだけが大学ではない。『商品』と成り得ない分野で本当の知識人が生まれるかもしれない」と言いました。著書『始まりの現象』のなかでは、G.ヴィーコの『新たな学』(初版1725年)と「対話」しつつ、「始まり(beginnings)」とは何か、それはいかなる「活動、瞬間、場所、心構え」を持つものかについて考察しています。それぞれの場所から発せられる多声、そこから生まれる“多系/多茎の可能性”を大切にして、よりゆっくりと・やわらかく・深く(lentius, suavius, profundius)、知の在り方そのものを流動化させていく場を“ともに創ることを始める(beginning to cocreate)”という試みに、研究仲間として参加していただけることを願っています。