• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

文学研究科
三つの方針

  • 学位授与の方針
    (ディプロマ・ポリシー)
  • 教育課程編成・実施の方針
    (カリキュラム・ポリシー)
  • 入学者受け入れの方針
    (アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

文学研究科において養成する人材像

中央大学大学院学則には、文学研究科の教育研究上の目的等として、「人文科学、社会科学及びその関連諸分野に関する理論並びに諸現象にかかわる高度な教育研究を行い、高い研究能力と広く豊かな学識を有し、専攻分野における教育研究活動その他の高度の専門性を必要とする業務を遂行することのできる人材を養成する。」と規定しています。
文学研究科では、本大学院の目的及び「人間の内面と社会とテクスト、データおよび事象を中心に考察する」という本研究科の基本理念に基づき、文学、歴史学、哲学、社会学、教育学、心理学など本研究科の扱う広範な学問分野を通じて、人間、社会、歴史、文化などを実践的に読み解く力を有し、グローバル化、高度情報化が進行する国際社会と地域社会に貢献できる知的教養、実践力を身につけた人材を養成します。

文学研究科を修了するにあたって備えるべき資質・能力

文学研究科を修了するにあたって備えるべき資質・能力は次のとおりです。

  • 知的教養
    グローバル化、高度情報化が進行する国際社会と地域社会に貢献できる知的教養、すなわち、日本および海外の文化を学び、自己の専門分野とその関連する領域の広く豊かな学識。
  • 論理構築力
    研究対象と真摯に向き合い、そこから論理を構築し、その結果出てくる自己の考えや高度な理論を正確に論述し説明する能力。
  • 発信力
    自己の研究成果を学会等での発表、著書や論文を通じて積極的に発信し、世に広く問うていく能力。
  • 実践力
    研究能力および広く豊かな学識を背景に、自己の専門分野や実社会における問題を解決する能力。
  • 独創性
    研究能力および広く豊かな学識を背景に、自己の専門分野や実社会に新しい知見を加えていく能力。

文学研究科の修了に必要な学習量と修了要件

博士前期課程の修了要件は、当該課程に2年以上在学し、32単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査及び最終試験に合格することです。この場合、授業科目の履修について、次のとおりの修了要件を付しています。

(ア)各専攻の授業科目の中から、指導教授の指導により、講義4単位、演習4単位を選択履修すること。
ただし、当該講義4単位に加えて、教育学専攻の学生は「教育研究総合演習(演習4単位)」を、心理学専攻の学生は「心理学基礎理論(講義4単位)」をそれぞれ1年次に履修していること。

(イ)修了に必要な単位数32単位のうち、前項アの8単位(教育学・心理学専攻は、12単位)をのぞく残りの24単位(教育学・心理学専攻は、20単位)を各専攻の授業科目および共通科目の中から選択履修すること。

(ウ)指導教授が必要と認めた場合は、前項イの規定にかかわらず、12単位を上限に(1)他専攻の授業科目(2)他研究科が聴講を認めた授業科目(3)交流・協力校が聴講を認めた授業科目の中から選択履修することができる。
(ただし、「(3) 交流・協力校が聴講を認めた授業科目」の単位認定は10単位を限度とする。また、留学中に修得した単位があり、この認定を希望する場合は、「(3) 交流・協力校が聴講を認めた授業科目」の単位認定と合わせて10単位を限度とする。)

博士後期課程の修了要件は、当該課程に3年以上在学し、16単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査及び最終試験に合格することです。この場合、授業科目の履修においては、次のとおりの修了要件を付しています。

  • 各専攻の授業科目及び共通科目の中から、指導教授の指導により、講義16単位を選択履修すること。
  • 指導教授が必要と認めた場合は、(1)他専攻の授業科目(2)他研究科が聴講を認めた授業科目(3)交流・協力校が聴講を認めた授業科目の中から、8単位を選択履修することができる。

活躍することが期待される修了後の進路

大学教員。研究所やシンクタンクの研究員など、自ら研究を行い実社会に一定の寄与をなす研究者。高等学校、中学校などの教員、司書・司書教諭・学芸員。スクール・カウンセラーやセラピストなどの対人援助職。企業や官公庁・自治体に就職し、大学院で獲得した知識・教養・能力を生かして実社会で活躍する高度専門職業人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学研究科において展開するカリキュラムの基本方針・構成

文学研究科では、ディプロマ・ポリシーで掲げた人材を養成するため、専門分野に関する科目について、講義と演習をセットにしたカリキュラムを基本にして、各専門分野の全領域を体系的に網羅するよう授業科目を配置しています。文学研究科の共通科目、他専攻の科目、大学院博士前期課程におけるオープン・ドメイン科目、他研究科の科目、他大学の科目などの履修や、授業科目に併せて行う研究指導を通じて、博士前期課程においては高度の専門性を要する職業等に必要な能力を、博士後期課程においては研究者として自立して研究活動を行いうる能力を養成できるよう、自己の専門分野とその関連する領域の広く豊かな学識を涵養できるカリキュラムを構成しています。

カリキュラムの体系性

  • 専攻ごとの体系性
    文学研究科は、13専攻(国文学・英文学・独文学・仏文学・中国言語文化・日本史学・東洋史学・西洋史学・哲学・社会学・社会情報学・教育学・心理学)で構成され、多くの専門分野を体系的に網羅しています。
    • 文学分野(国文学・英文学・独文学・仏文学・中国言語文化専攻) 狭義の「文学」だけでなく言語学の研究も行い、専攻によっては文化、芸術、思想、演劇などの分野も研究対象としています。各専攻では文学、言語、文化、芸術、思想等のそれぞれの分野の授業を組み合わせることで体系的に学ぶことができます。
    • 史学分野(日本史学・東洋史学・西洋史学専攻)
      先史時代から現代までをカヴァーしつつ、さまざまな地域の歴史に触れることができるよう、充分に配慮したカリキュラム編成を行っています。のみならず、歴史研究の具体的手法について体系的に学ぶことができるよう考古学、古文書学、簡牘学、書誌学、歴史地理学など、関連諸領域についての学習機会も幅広く提供しています。
    • 哲学分野(哲学専攻)
      古代・中世・近世・近代・現代という時代的にも、西洋・中国・日本という地域的にも幅広く思想・哲学を網羅し、広く深く正しく思索し、創造できるカリキュラムを編成しています。
    • 社会学分野(社会学・社会情報学専攻)
      社会学専攻においては、社会病理、社会運動、家族、都市・地域、社会学理論と社会学史、臨床社会学を、社会情報学専攻においてはメディア・コミュニケーション、社会意識と社会心理、社会調査とデータ解析、図書館情報学、情報システム学を網羅し、社会・文化の実証的な研究にさまざまな角度からアプローチし得る学生を育てるためのカリキュラム編成をしています。
    • 教育学分野(教育学専攻)
      教育学研究の諸領域について幅広い視野から考える科目(必修)を学んだ上で、教育哲学・教育史・教育方法学・教育行政学・教育社会学・生涯学習論の各領域を学ぶカリキュラムを編成しています。
    • 心理学分野(心理学専攻) 心理学の基礎科目(必修)を学んだ上で、学校心理学、認知心理学、生涯発達心理学、教育臨床、司法臨床、精神医学、発達障害臨床、神経心理学の各領域を学ぶカリキュラムを編成しています。

カリキュラムの特徴

文学研究科は、専攻横断型科目である「総合講座」(博士前期課程)・「総合研究」(博士後期課程)では、13専攻の教員が連携することで、多様な研究のあり方や、他分野の最新情報を知ることにより学生は視野を広げることができます。また、それぞれの専攻内においても、時代的あるいは領域的にその学問分野を一望できるよう科目を配置しており、自らの専門分野を広く、かつ深く究めることができます。
博士前期課程では、「特講」や「演習」などの科目を中心に、コミュニケーション能力の強化と広い視野に立った深い学識と研究能力を養うことを目的として授業を展開し、高度専門職業人養成と研究者教育の出発点として位置づけています。また、心理学専攻と教育学専攻においては、(専攻の専任教員全員による)「心理学基礎理論」と「教育研究総合演習」によって、それぞれの学問分野の基礎力の強化を行っています。
博士後期課程では「特殊研究」などの科目を通して、前期課程で身につけた知識・能力を土台にさらに学修を進め、博士論文の作成を通じて、自立して研究活動を行い得る能力を身につけることを目標としています。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

文学研究科の求める人材

文学研究科は、国文学、英文学、独文学、仏文学、中国言語文化、日本史学、東洋史学、西洋史学、哲学、社会学、社会情報学、教育学、心理学の13専攻からなる、人文科学と社会科学にわたる総合的な研究科です。
本研究科では、人間の存在そのもの、人間の内面、社会、歴史などを研究対象に、現実的事象、テクストおよびデータを中心に考察する人文主義的理念に立って、グローバル化、高度情報化が進行する国際社会と地域社会に貢献できる知的教養と実践力を身に付けた人材を養成することを目標としています。
この理念と目標の実現に向けて、以下のような方々の入学を期待します。

  • 人間や社会の諸問題に関心を持ち、豊かな未来を切り開くために、より専門的な研究を志す人
  • 専門的な研究を推進するに足る教養とコミュニケーション能力を身につけて、国際社会での活躍を志す人
  • 現代社会や人間が直面している諸問題に対処できる高度な専門知識・技能を備えた職業人を志す人
  • 地域社会の諸課題に関心を持ち、その課題解決に向けて意欲的に取り組み、地域社会に貢献することを志す人
  • 実社会において自らの能力を高め、さらに社会に貢献するために、キャリアアップやキャリアチェンジを志す人

入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等

広範で深い学識と、それを背景にした、社会における実践力を身につけるためには、次のような学力や能力をもっていることが望まれます。

  • 語学力
    専門分野の基本文献を正確に読み取る日本語能力および外国語能力。
  • 論理能力
    自らの見解を正確に理路整然と表現し、第三者に伝達することができる論理能力。
  • 計画性
    所定の期間内に研究を進め、論文等を完成できる実現可能な研究計画を立て、それを遂行する能力。

以上のような学力・能力に加え、自身の専門への関心や興味、そして学習意欲を持っていること。さらに自らの研究が果たす社会への貢献、言い換えると、自らの専門分野の社会における位置づけを意識していることが望まれます。
このような学力・能力を、筆記試験、卒業論文、研究計画書、面接などによって判定します。