レファレンスサービス

レファレンス・サービスとは?

皆さんが図書館を効果的に利用できるように質問や相談を受けて、必要な文献の紹介や情報を手に入れる手助けをするサービスです。

レファレンスカウンターでは、みなさんの求める資料の探し方や中央大学にない資料について、国立国会図書館をはじめ、他の大学図書館の蔵書の利用などのサービスと相談のために専任のスタッフを用意しています。

中央図書館では、2階カウンター左側にレファレンスルームがあり、専任レファレンススタッフがいます。ここには、目録、辞典、事典類が和洋主題別に集められており、直接手にとって使えるようになっています。CD−ROMメディアによる新聞記事、新刊本、判例などの情報検索もできます。

※詳しくは、図書館で配布しております「資料のさがし方ガイド」をご覧ください

  • 開室時間:
    9:30~22:00(レファレンスルームのご利用時間)
  • ご相談受付場所:
    中央図書館2階レファレンスカウンター
  • ご相談受付時間:
    9:30~11:30、13:00~16:30(月~金)9:30~11:30(土)
    ※授業期間以外は、受付時間が異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • サービス内容:
  1. 資料の所在調査
  2. 事項調査
  3. 他図書館紹介および文献複写(学内に該当資料がない場合)
  4. 他大図書館からの図書の借り出し(教職員・院生のみ)
  5. CD−ROMの利用 レファレンスルーム所蔵CD-ROM一覧
  6. 情報サービスの利用(教職員・院生のみ)